脳のメカニズム―頭はどうはたらくか (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005001156

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私の敬愛する丸谷才一氏は入門篇として権威ある学者の薄い本を読め、決して無名の学者の厚い本を読むな、というアドバイスをしているが、まさにこの格言が当てはまる本である。小脳の世界的権威である著者が小中学生相手に書いたこの本は大切なことが簡潔明瞭に書かれていて、臨床神経学に従事するわれわれにとっても、非常に有益である。何が大事なのかを示唆しているので、言説の強弱がわかる。たとえば、筋紡錘は抗重力筋の感覚受容器として働くが、咀嚼筋の筋紡錘が働かないと顎は垂れ下がってしまう、といった指摘はなんでもないように思えるが、専門書のどこにも見られない重要な指摘である。素晴らしい本の一言に尽きる。

  • 2004年2月14日

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

伊藤 正男(NPO法人脳の世紀推進会議理事長、(独)理化学研究所脳科学総合研究センター・特別顧問)

「2014年 『アルツハイマー病の早期診断と治療』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤正男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする