漢文の読みかた (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 77
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005001477

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1988年著。
    なるほど、昔の参考書っぽい感じがする。
    有名な文章や詩を読みながら句法を解説する。

    昔は漢字を彫り付けるのも大変だったから、省略の多い文章になるのだ、だから漢文の意味を取るときには大胆に言葉を足していけばいいのだ、という話に納得。
    杜子春の主人公は、杜子春でなく、道士だった。
    そんな新たな発見もあった。

    漢文学の先生には、散文より韻文が一段上、という意識があるのだろうか。
    本書の最終章は漢詩の解説だった。
    井伏鱒二だけでなく、現代詩風の訳なども紹介されていて、興味をそそられる。
    科挙を歌う詩などもあって、面白い。

  • 効率的な漢文。面白いが、ここまで読書に手をだすと他の小説が読めなくなる・・・。

  • 血腥い話も。

  • [ 内容 ]
    漢文はどうも苦手だ、という声を耳にします。
    けれど訓読のこつを学べば、それほど難しくはありません。
    この本は、七夕伝説、杜子春などの物語から、史記のさまざまな列伝、季白・杜甫などのすぐれた詩文におよぶ豊富な用例で、漢文の基本的な約束ごとや語法をやさしく説明します。
    楽しみながら学べる漢文入門。

    [ 目次 ]
    1 初歩の散文―基本的な語法を中心に
    2 中級の散文―副詞・接続詞などを中心に
    3 詩を読む―さまざまな詩体

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

奥平卓の作品

漢文の読みかた (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする