手塚治虫がねがったこと (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005001637

作品紹介・あらすじ

手塚治虫の40年の仕事をふりかえり、漫画という自由な場を通じて彼が投げかけつづけたことをたしかめる。科学技術と人間、戦争と平和、善と悪…。それらはもちろん今も問題でありつづけ、これからを生きる子どもたちの前に横たわる。「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」から「アドルフに告ぐ」にいたるまで、手塚漫画と共に育った著者の、生き生きとした一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 章立てが特徴的。手塚治虫の生い立ち、思想について、それぞれの章について数作品を窓口にして述べている。たとえば、1章「三人の『重要人物』―初期手塚漫画の達成」に、『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』のように。その内容としては、章立てとは打って変わって、平易な語り口で網羅的。悪く言えば少し平板。ジュニア新書なので仕方ないところかな。

  • (1989.08.26読了)(1989.08.22購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    手塚治虫の40年の仕事をふりかえり、漫画という自由な場を通じて彼が投げかけつづけたことをたしかめる。科学技術と人間、戦争と平和、善と悪…。それらはもちろん今も問題でありつづけ、これからを生きる子どもたちの前に横たわる。「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」から「アドルフに告ぐ」にいたるまで、手塚漫画と共に育った著者の、生き生きとした一冊。

  •  いいところを衝いてはいるが、手塚作品の弱点や欠点をも善意に解釈しすぎている。ジュニア新書の枠の問題があるとはいえ食い足りない。

  • [ 内容 ]
    手塚治虫の40年の仕事をふりかえり、漫画という自由な場を通じて彼が投げかけつづけたことをたしかめる。
    科学技術と人間、戦争と平和、善と悪…。
    それらはもちろん今も問題でありつづけ、これからを生きる子どもたちの前に横たわる。
    「ジャングル大帝」「鉄腕アトム」から「アドルフに告ぐ」にいたるまで、手塚漫画と共に育った著者の、生き生きとした一冊。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 手塚治虫作品を読んだことがない自分でも手塚治虫がいかに素晴らしい漫画家であったかが伝わってくるネタバレ満載の一冊。

  •  ところどころに漫画も挿入されていて面白いです。
     手塚治虫は偉大なひとだなぁ。(←超ありきたり感想万歳。ドンマイ。)

全7件中 1 - 7件を表示

斎藤次郎の作品

ツイートする