遺跡が語る日本人のくらし (岩波ジュニア新書)

著者 : 佐原真
  • 岩波書店 (1994年3月22日発売)
3.86
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005002344

遺跡が語る日本人のくらし (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (1995.01.06読了)(拝借)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    自分専用の茶碗と箸をつかってごはんを食べる。魚や肉、生野菜を食べる。柱の多い家、花瓶の花。こんな私たちの生活文化はいつから始まり、どう発展してきたのだろう。吉野ケ里、土井ケ浜、唐古=鍵など各地の遺跡をたずね、そこで発掘された資料をもとに実証的に、想像力豊かに考えてゆく。考古学が身近になる一冊。

    ☆関連図書(既読)
    「大系日本の歴史(1) 日本人の誕生」佐原真著、小学館ライブラリー、1992.08.20

  • この本は現代日本人の箸を使う食習慣や、柱の多い住宅形式、生野菜を食べる等の様々な生活習慣の源流を、吉野ヶ里遺跡,土井ヶ浜遺跡,唐古、鍵遺跡などの遺跡を訪れ、発掘された資料から探る内容である。取り扱う時代は主に古代であるが、写真やグラフなどの資料が多く用いられているため、身近に感じながら読み進めることが出来る。また、その章の内容に関係する具体例から始まる章もあり、取り組みやすい構成になっている。特に第6章でふれられている『生ものを食べる習慣の起源』は非常に興味深いものであった。
    この本全体を通してですます調で書かれているため、考古学に興味がある小学生や中学生にも読みやすく、おすすめの一冊である。

  • [ 内容 ]
    自分専用の茶碗と箸をつかってごはんを食べる。
    魚や肉、生野菜を食べる。
    柱の多い家、花瓶の花。
    こんな私たちの生活文化はいつから始まり、どう発展してきたのだろう。
    吉野ケ里、土井ケ浜、唐古=鍵など各地の遺跡をたずね、そこで発掘された資料をもとに実証的に、想像力豊かに考えてゆく。
    考古学が身近になる一冊。

    [ 目次 ]
    1 日本人・日本文化の源流
    2 武器と戦争のはじまり
    3 戦いにそなえる村
    4 弥生絵画を読む
    5 柱が屋根を支える
    6 植物型の食事
    7 めいめいの器・わたしの器
    8 乏しかった食用家畜
    9 花はどこへいった
    10 弥生人の道具箱
    11 いま、考古学は

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ゴミ捨て場から古代人の暮らしが見えてくる。意外とグルメだったかも。

全4件中 1 - 4件を表示

佐原真の作品

遺跡が語る日本人のくらし (岩波ジュニア新書)はこんな本です

ツイートする