地球がわかる50話 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005002429

作品紹介・あらすじ

もちあがるスカンジナビア半島。割れていくアフリカ大陸。大西洋まんなかの宝石の島。93年の北海道南西沖地震。私たちが目にしたり、経験するふしぎな地形や現象は、地球内部の大きな運動の反映だ。地震研究のために地球を飛びまわる著者が、豊富な見聞と観測にもとづいて、ダイナミックでおもしろい地球を語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地球の仕組を長年 研究する博士が書いた
    わかりやすくて、ためになる地球の解説本。

    私たちの暮らす世界が、海も山もひっくるめて すべて
    地球の表面の薄っぺらい殻の上にあるに過ぎないことを
    感じさせてくれます。
    すると宇宙をも感じます。

    壮大な地球の歴史と変遷を感じ、
    悠久のロマンに想いを馳せるのも いいものです。

  • プレートテクトニクス仮説がわかりやすく解説されています。

    地球の形を精密に知ることから始まって、
    プレートが沈み込むところが日本海溝で、その地下で岩石が
    一気にばりばりこわれるのが地震なんですがこのあたりの仕組み、
    さらに地震波の観測で地球の内部が推定できること、
    なんて感じで、地球のことがよくわかるようになります。

    筆者は地震学が専門です。
    地震学って、船で全世界をまわって地震観測するから、
    体が強い人、ゆれる船の中で思考ができる人じゃないとできない学問
    だとおもいます。

    中学生向けかなとおもいますが、丁寧な説明でわかりやすいので、
    理科のすきな高学年の子でも充分読めると思います。

    2011/06/30

  • この本を読んで地球のことについて、自分は何も知らないんだなと思った

  • 南雲先生おすすめ

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

地球物理学者。武蔵野学院大学特任教授。前国立極地研究所長。文藝家協会会員。ポーランド科学アカデミー終身会員。著書は、産経児童出版文化賞受賞『地震と火山の島国―極北アイスランドで考えたこと』(岩波書店)、日本科学読物賞受賞『地震をさぐる』(国土社)、講談社出版文化賞受賞『地球の腹と胸の内―地震研究の最前線と冒険譚』(情報センター出版局)、『日本人が知りたい巨大地震の疑問50』(SBクリエイティブ)、『火山入門』(NHK出版)など多数。

島村英紀の作品

ツイートする