原発を考える50話 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005002696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 15年前の発行で新版も出ているが、こちらでも十分に勉強になった。
    チェルノブイリの影響、放射能の規制値、原発の事故と定期検査、寿命と解体、地震対策、高速増殖炉とプルサーマル、放射性廃棄物の処理問題、核燃料の運搬事故、誘致と経済振興、住民投票など、幅広く解説されており、その上で原発は必要なのか、コストの優位性などについて議論しています。
    96年の発行なので、99年のJCO臨界事故や2002年の点検報告書の改ざん、2007年の柏崎刈羽原発の事故などはカバーされていませんが、それ以前の事故については数多く取り上げられており、改めて人類は原発をきちんと制御できているわけではなく、自転車操業のような状態で運転していることがわかります。
    福島原発の事故を受けて、「日本では原発の大事故は起こらない」「冷却水の給水が停止する可能性は考えられない」という会社側の主張は崩されました。筆者が「もし」と懸念していることが実際に起き、臨場感を受けながら読みました。
    言葉遣いが子供向けですが、ジュニア新書であることがもったいないと思える充実した内容です。

    <関心をもった本>
    大地動乱の時代(石橋 克彦)

  • 少し古い発行ですが、原発について学ぶときの入門書にぴったり。原発とはどんなものなのか、わかりやすく解説されています。
    軽く読めるとたかをくくると、意外とへヴィなパンチをくらいますw

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

原子力資料情報室共同代表。はんげんぱつ新聞編集長。
 1947年、東京都生まれ。1973年、「電力危機」をあおる電力会社の広告に疑問をもったことから、原子力に関する問題に関わるようになる。1998年から原子力資料情報室の共同代表を務めるほか、「はんげんぱつ新聞」では1978年の創刊時から編集に携わっている。
 著書に『原発を考える50話』(岩波ジュニア新書)『原子力・核・放射線事故の世界史』『日本の原子力時代史』(七つ森書館)『原子力発電は「秘密」でできている』(クレヨンハウス・ブックレット)など多数。

「2018年 『原発事故!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西尾漠の作品

ツイートする