近代日本の戦争―20世紀の歴史を知るために (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005003051

作品紹介・あらすじ

日本人にとって20世紀とはいったい何だったのか。日清・日露から始まり、朝鮮、ベトナム、湾岸戦争まで…第二次世界大戦を軸に、戦争とかかわってきた日本の現代史を、世界的視野の中に位置づけ、またそこに生きた民衆の視点から見つめることで縦横に語りつくす。歴史認識を深め、21世紀への展望を開くために。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    日本人にとって20世紀とはいったい何だったのか。
    日清・日露から始まり、朝鮮、ベトナム、湾岸戦争まで…第二次世界大戦を軸に、戦争とかかわってきた日本の現代史を、世界的視野の中に位置づけ、またそこに生きた民衆の視点から見つめることで縦横に語りつくす。
    歴史認識を深め、21世紀への展望を開くために。

    [ 目次 ]
    第1部 第二次世界大戦とは何であったか(第二次世界大戦のなかのアジア太平洋戦争 アジア太平洋戦争―戦局の推移と国民の生活)
    第2部 戦後50年とは何であったか(第二次大戦後の戦争―朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争 敗戦後の日本)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1925年千葉県生まれ。歴史家。民衆史・自分史の提唱者。東京経済大学名誉教授。著書に『明治精神史』『ユーラシア大陸思索行』『定本歴史の方法』『色川大吉著作集』全六巻など。

「2017年 『わが半生の裏街道 原郷の再考から』 で使われていた紹介文から引用しています。」

色川大吉の作品

ツイートする