国際関係がわかる本 (岩波ジュニア新書)

著者 : 原康
  • 岩波書店 (1999年8月20日発売)
3.37
  • (4)
  • (4)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005003297

国際関係がわかる本 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校2年の夏に将来に関して本をよめと言われて読んだ本。
    当時買ってみたは良いものも、適当に読んでいた。。。
    国際系に興味があったのだと再度認識笑

  • こう言う本は、なるべく買ったらすぐに読まないとね。買ってから10年以上経ってしまっていたよ。。

  • 書かれたのが古いのでうん?な部分はあるが具体例を挙げて世界の情勢、問題を考察しているので非常に読みやすかった。

  • 1999年に書かれた本なので、たった10年ちょっとで世界がいかに激変したかわかった。

    やはり、本のなかで日本は援助国1位であると書いてあるが、現在は5位に落ちたという現実があるというのは悔しいものがある。

  • [ 内容 ]
    「国」とは何かから、外交の作法や国際社会のルール、冷戦後の国際秩序づくり、平和・人権・環境など国境を越えた人類共通の理念づくりまで、国際関係の諸問題をコソボ、ユーロなど時事的な例にそって具体的に語り、「国際関係ってどんな関係?」という質問にわかりやすく答えます。
    世界に向って活躍したい若い世代は必読。

    [ 目次 ]
    序章 国際関係の縮図―在ペルー日本国大使公邸占拠事件
    第1章 国とは何だろう
    第2章 世界にはどんな国があるの?
    第3章 国と国のつき合い方
    第4章 新しい国際秩序にむけて
    第5章 「一つの世界」への道
    第6章 21世紀の国際関係と日本の国際責任

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • これは本が悪いんじゃなくて私が悪いんですが
    やっぱり1999年の本と言うことで情報が古いです

  • 中高生向け

  • 児童向けの本のはずですが…私には難しかったです。勉強不足ということでしょう。1から勉強やり直します。

  • 3-2

  • 国際関係論の基礎の基礎を平易に解説した本。ジュニア新書だけあって、非常にわかりやすい。一般教養的に知識を身につけるにはなかなか良いのではないか。

全12件中 1 - 10件を表示

原康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

国際関係がわかる本 (岩波ジュニア新書)はこんな本です

国際関係がわかる本 (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする