武士の時代―日本の歴史〈4〉 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.83
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005003341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (「BOOK」データベースより)
    「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」―『平家物語』や『太平記』が都の辻々で語られた中世は、全国で新興の武士が活躍する一方で、新しい創造性に満ちた仏教が民衆の広い支持を集めた時代だった。本巻は、源平争乱から鎌倉開府、蒙古襲来を経て、室町花の御所で華麗な能が舞われた応仁の乱前夜までを活写。

  • 平安時代の流れを王朝を中心に平易に解説

  • [ 内容 ]
    「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」―『平家物語』や『太平記』が都の辻々で語られた中世は、全国で新興の武士が活躍する一方で、新しい創造性に満ちた仏教が民衆の広い支持を集めた時代だった。
    本巻は、源平争乱から鎌倉開府、蒙古襲来を経て、室町花の御所で華麗な能が舞われた応仁の乱前夜までを活写。

    [ 目次 ]
    第1章 武家社会の形成
    第2章 貴族・寺院社会と武士
    第3章 村落・都市社会と武士
    第4章 東アジア世界と日本社会
    第5章 室町幕府の富と平和
    第6章 流通経済と幕府政治の転換

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 単純に読み返したいだけなんですが、何故か売ってません。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1946年、山梨県生まれ 1970年、東京大学大学院修士課程修了 現在、放送大学教授・東京大学名誉教授 ※2015年11月現在【主な編著書】『増補 吾妻鏡の方法』『書物の中世史』『源義経』

「2018年 『増補 吾妻鏡の方法〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味文彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
マーク・ピーター...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする