明治維新―日本の歴史〈7〉 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005003372

作品紹介・あらすじ

ペリー来航、開国、倒幕、西南戦争、自由民権を経て、近代的立憲国家の樹立へとなだれを打って突き進んだ激動の幕末・維新-風雲急を告げたこの時代の立役者だった薩長はじめ幕末の志士たちの胸の内には、一体いかなる「新しい日本国」の青写真があったのか?その謎に迫りつつ、この大変革の歴史的意味を考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第1章での感想
    ペリー来航はアジア進出のため。彼らに言わせると「琉球を薩摩藩の圧制から解放することも含めてやむをえないことなのだ」と。占拠することを「道義の上からも正当なこと」と言っているあたり自分たちが未開の人間を発展させてやろうという傲慢な考えは昔も今も変わっていないことが分かる。
    しかし、日米修好通商条約が不平等な条約だったにも関わらず、横浜の輸出入額が急上昇するなどよい面もあったらしい。その反面、物価は上昇するが賃金は変わらないという状態のために貧富の差が激しくなっていく。

  • (「BOOK」データベースより)
    ペリー来航、開国、倒幕、西南戦争、自由民権を経て、近代的立憲国家の樹立へとなだれを打って突き進んだ激動の幕末・維新―風雲急を告げたこの時代の立役者だった薩長はじめ幕末の志士たちの胸の内には、一体いかなる「新しい日本国」の青写真があったのか?その謎に迫りつつ、この大変革の歴史的意味を考える。

  • 図書館:日本史について教科書とは別の視点で学習しようと思い読んだ。ジュニア新書なのでとっつきやすいかと思いきや文体が予想以上に固く、明治維新以降は多少文章がごちゃごちゃしている印象を受けた。明治以降は教科書か他の本である程度理解していないとわかりづらいと思う。しかし内容としては様々な視点から書かれているのでとても面白かった。まじめに読むとかなり時間がかかる…笑

  • [ 内容 ]
    ペリー来航、開国、倒幕、西南戦争、自由民権を経て、近代的立憲国家の樹立へとなだれを打って突き進んだ激動の幕末・維新―風雲急を告げたこの時代の立役者だった薩長はじめ幕末の志士たちの胸の内には、一体いかなる「新しい日本国」の青写真があったのか?
    その謎に迫りつつ、この大変革の歴史的意味を考える。

    [ 目次 ]
    第1章 開国とはなにか
    第2章 幕府はどうして倒れたか
    第3章 明治政府の成立
    第4章 岩倉使節団と世界
    第5章 自由民権運動のめざしたもの
    第6章 明治憲法体制

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • たいへんわかりやすくて、子どもが大きくなったら読ませようと思います。

  • コメントいるか?

  • ジュニアといいつつ、内容全くジュニアじゃありません。濃いです。

  • 受験のときに読みたかった!!!
    高校生、大学生向けに書かれているので読みやすいし、内容もかなり深いと思う。
    明治維新がなぜ西南雄藩から始まったか、という疑問に対する記述は特におもしろかった。

全8件中 1 - 8件を表示

田中彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

明治維新―日本の歴史〈7〉 (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする