生きものは昼夜をよむ―光周性のふしぎ (岩波ジュニア新書 (352))

著者 :
  • 岩波書店
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005003525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワークショップ「暦の本棚をつくろう!」:“ゲストのおすすめ”本

  • [ 内容 ]
    繁殖や休眠などに先んじて生物は体内の仕組みを変えねばならない。
    そのため生物は、気温など不安定な要因でなく、正確な状況変化を予知する必要がある。
    その要因は何か。
    どのようにして感知されるのか。
    謎に満ちた機構を解説。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

沼田英治の作品

生きものは昼夜をよむ―光周性のふしぎ (岩波ジュニア新書 (352))を本棚に登録しているひと

ツイートする