宇宙物理への道―宇宙線・ブラックホール・ビッグバン (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.90
  • (4)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005003945

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宇宙物理学の学者が半生と宇宙物理学の進展を振り返った新書。事実と自慢が交錯するのが微笑ましい。学者だって自慢したいのですよ。有名人と学会で会って色々な研究者に紹介されたいのですよ。湯川秀樹やホーキンスなどの有名人やカミオカンデなどの施設も出てきました。著者は御自身の人生に満足そうです。あまり学問チックな本ではないので、門外漢の私も楽しめました。

  • 高校生のときに読んで宇宙そして世界がこんなにも楽しいのかをワクワクして読んだ。理系に進学しようと思った原点の本。
    そして表紙が可愛い。

  • [ 内容 ]
    「兵隊にいって死ぬのだ」。
    将来の宇宙物理学者が物心ついたころは、第二次世界大戦真っ最中。
    敗戦後、本や科学と出会い、湯川秀樹に憧れて大学に入学。
    その後の生活や勉強法、研究を切りひらく醍醐味、ホーキングや多くのノーベル賞科学者との交流、失敗までも痛快に語る。
    二〇世紀宇宙物理の進展も見える。

    [ 目次 ]
    第1章 故郷の思い出
    第2章 大学生生活
    第3章 原子核と宇宙
    第4章 ブラックホールと一般相対論
    第5章 統一理論とビッグバン宇宙
    第6章 宇宙線を追って
    第7章 世界の仲間と
    第8章 物理学を学び、研究するなかで考えてきたこと

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 著者の人生を宇宙物理学の歴史を通して書いている。
    理学部物理学科の学生、特に宇宙物理学を学びたいと考えている学生なら、聞いたことのある発見や出来事、人物が多々出てくるので読みやすく、またいい刺激を受けられる。
    特に面白いのは、こういった事柄の舞台裏を知れるところだ。第一線で活躍されてきた著者だからこそ、書けることである。
    全体として、話が飛ぶこともなく、文章は平易で簡潔。しかし、物理学の単語がもちろん出てくるので物理アレルギーにはすすめられない。宇宙物理学を志す学生には是非読んでもらいたい一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1938年、山形県生まれ。1960年京都大学理学部卒業。京都大学教授を経て、現在同大学名誉教授。専攻は一般相対論、宇宙物理学。トミマツ・サトウ解の発見など多くの業績をあげた。著書に『アインシュタインの反乱と量子コンピュータ』(京都大学学術出版会)、『孤独になったアインシュタイン』(岩波書店)、『量子力学は世界を記述できるか』(青土社)など。

「2017年 『佐藤文隆先生の量子論 干渉実験・量子もつれ・解釈問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤文隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする