目を閉じて心開いて―ほんとうの幸せって何だろう (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005004010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.3.5市立図書館
    幼いころに視力を失った著者が、コンプレックスや苦悩・不安といかに戦って人生を切り開き、心の平安を手に入れたか。(視力)障害にかぎらず、自分の欠落といかにつきあい、欠落や被害者意識に甘えることなく、自分を高めていく方法、そしてまたそうした欠落を抱える人も平等に安心して暮らせる社会にするにはなにが必要かについて考えさせてくれる。どんな障害・欠落にしても、自分たちには知識や想像力がじゅうぶんではなくその不便や心理について対応しきれていない部分が多いものだと改めて実感したが、そんな自分たちだってちょっと病気やけがをしただけで、あるいは言葉の分からない異国で暮らすことにでもなれば、やはり同じような困難に直面するのだということを忘れずにいたい。

  • まさに、岩波ジュニア新書っぽい内容。じわじわと、奥から効いてくるような気がする本。

  • 2014年度 中学受験出題第8位

  • 幸せになるためには悩むのではなく考えること。幸せになりたいと願って行動すること。

    全盲の著者が若者に生きることへのメッセージを書いています。
    読むと落ち着いた気持ちになります。

  • 『大学活用法』に収められている三宮のエッセイに胸をうたれ、彼女の他の著作を調べたところ、同じレーベル(岩波ジュニア新書)から刊行されている本書に行き着いた。
     「盲目」という困難の下にあっても誇りを貫いた三宮の力強い半生と、アランやモンテーニュをはじめとするフランス哲学への深い造詣に基づいたメッセージに大いに励まされた。悩み、立ち止まっている人に間違いなくおすすめの一冊。

  • [ 内容 ]
    幼くして“sceneless”となった著者は、障害ゆえに社会から拒絶される経験を重ねながらも、努力と周囲の援助・励ましで大学入学を果たし、社会人としての天職も得た。
    みずからの経験をもとに、すべての人間が人生を切り開く「幸福力」をもっていること、そして希望と勇気をもって生きることの大切さを、悩み多い若者に語りかける感動のメッセージ。

    [ 目次 ]
    1 絶望からの脱出-光をみつける
    2 居場所を探して-未来に踏み出す拠点
    3 会話の奨め-言葉が心を生かす
    4 役立たないものの奥義-読書が新しい道を拓く
    5 リーダーについて-誰もがどこかでリーダーだ
    6 仕事人の心得-物づくりのコンセプトが大切
    7 絶対に勝てないもの-尊敬すると心が満たされる
    8 心に平安を得る方法-「ありがとう」のプレゼント
    9 さわる楽しさ-生きている実感を味わおう
    10 想像力の不思議-心を豊かにする妙薬

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全6件中 1 - 6件を表示

三宮麻由子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
上橋 菜穂子
トマ・ピケティ
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする