量子力学とはなんだろう (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005004287

作品紹介・あらすじ

電子や光は粒であると同時に波でもある-ミクロの世界では、私たちの住むマクロな世界では考えられないことがおこっています。一方、先端技術の多くは量子力学の考え方なしには成り立ちません。量子力学とはなにか。どのように生まれ発展したのかにふれながら、豊富な図や写真を使ってやさしく解説します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【由来】
    ・図書館でたまたま

    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • [ 内容 ]
    電子や光は粒であると同時に波でもある-ミクロの世界では、私たちの住むマクロな世界では考えられないことがおこっています。
    一方、先端技術の多くは量子力学の考え方なしには成り立ちません。
    量子力学とはなにか。
    どのように生まれ発展したのかにふれながら、豊富な図や写真を使ってやさしく解説します。

    [ 目次 ]
    「量子力学と私」
    事のおこり
    原子の世界へ
    量子力学の誕生
    物性論との出会い(原子と分子 金属の電子)
    超伝導理論を学ぶ
    新しい技術と量子力学
    波動関数とは何だろうか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

長岡洋介の作品

ツイートする