日本の農業を考える (岩波ジュニア新書 (466))

著者 : 大野和興
  • 岩波書店 (2004年4月20日発売)
3.27
  • (3)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
  • 36人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005004669

日本の農業を考える (岩波ジュニア新書 (466))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4-00-500466-0 210p 2004・4・20 1刷

  • 出版社/著者からの内容紹介
    スーパーや八百屋にならぶ大量の農畜産物.それらはどこで,どのように作りだされているのか.残留農薬や狂牛病,鳥インフルエンザなど,食の安全を脅かすこれらの問題はなぜおこるのか.食への不安が高まるいま,私たちの食料供給の根幹をささえる日本農業の現状と課題を考察し,風土に根ざした農業の再生を展望します.

  • 使用前:農業ってエコだね。農業で途上国を豊かにしよう。
    使用後:農業は環境汚染の歴史。農業が途上国の環境・経済悪化を促進している。

    「なんかいいね」はもうやめよう。を教えてくれた本でした。

  • 現代史のなかでの日本農業の位置づけについては、大きな歴史の流れの中で日本農業の歩みと今をみることができ、大変参考になった。それだけで本書購入の目的は果たせたといってよいかもしれない。ただし、それ以上でもそれ以下でもないというのが実感。
    農民を搾取する多国籍企業、北と南の対立、アメリカに従属する日本、等々すべての事象を弱者と強者の対立の構図にあてはめるステレオタイプのものの見方に強い違和感を覚えた。正直疲れた。

  • 安全保障問題と学校給食のパン、牛乳の関係って知ってますか?
    ジュニアブックレットなのですごく読みやすい。
    そして農業にまつわる問題がわかりやすく網羅的に、しかも結構核心をついてまとめてあります。今まで点と点だったものがこれをよんで線としてつながった感覚を覚えました。
    こういうことに興味ない人に特に読んで欲しいなあ。

  •  農業なんて普段考える機会がないけれど、この本は分かりやすくて面白かったです。農薬とか遺伝子操作とか、やばいことだらけじゃないかー! と思ってしまった。
     人間がコントロールしていたはずの農業が、いつの間にか人間の手に負えない状態になってしまうのは恐ろしいです…

全6件中 1 - 6件を表示

大野和興の作品

日本の農業を考える (岩波ジュニア新書 (466))はこんな本です

ツイートする