地球は火山がつくった―地球科学入門 (岩波ジュニア新書 (467))

著者 :
  • 岩波書店
3.70
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005004676

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 火山学の語り部とも見える著者による火山学、地質学入門。全体の半分が火山や噴火の種別、火山の影響(カルデラなど)等火山入門。残りがプレートテクトニクスや海底海嶺、地球環境への影響といった地球規模の現象を解説。ただ地震にはほぼ触れず。◇簡明な叙述で「覚えよう」と肩肘張らなければ、さっさと読めそう。とはいえ、1億年に1回、地球規模の環境激変(O2濃度の急激低下など)を引き起こすプルームテクトニクスにも言及。また一火山の巨大噴火が南九州縄文文化を破壊といった環境考古学、生物進化学他分野との連環にも配慮される。
    ◇ただ、地球が金星や火星と違い、プレートテクトニクス現象を起こし続けている理由、さらに地磁気の原因というべき核の鉄割合の多さと融解・液化?の要因は叙述されず(というより未だ判明していないからだろうが)。◆2004年刊行。著者は京都大学大学院人間・環境学研究科教授。

  • わかりやすかった鎌田さんの火山の本2冊目。
    さすがに前に読んだことと重なる内容が多いけれど、納得しては忘れる、の繰り返しなので、何度も繰り返し出てくるぐらいがちょうどいい。
    火山に親しみを覚えます。

  • 火山とそれに関するテクトニクスについてかかれた本。
    地表において、我々が目にすることができる火山活動から話が始まり、噴火の仕組みや性質、地球内部の構造へと展開されている。

    噴火のエッセンスは、マグマ溜まりで水が泡立つこと。
    溶岩の粘性はシリカ、水分の割合。
    噴火につれてマグマの性質は変化する。
    火山のできる場所はプレート境界およびプレートの真ん中のホットスポット。

  • 4005004679  193p 2004・4・20 1刷

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1955年、東京生まれ。東京大学理学部地学科卒業。通産省(現・経済産業省)を経て、97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学、地球科学、科学コミュニケーション。京大の講義「地球科学入門」は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。火山研究のほか、科学をわかりやすく伝える「科学の伝道師」。96年に日本地質学会論文賞受賞。著書は『地学のツボ』(ちくまプリマー新書)、『火山噴火』(岩波新書)、『富士山噴火』(ブルーバックス)、『マグマの地球科学』(中公新書)、『次に来る自然災害』『資源がわかればエネルギー問題が見える』『火山はすごい』(以上、PHP新書)、『地球は火山がつくった』(岩波ジュニア新書)、『火山と地震の国に暮らす』(岩波書店)、『地震と火山の日本を生きのびる知恵』(メディアファクトリー)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)ほか多数。

「2018年 『座右の古典 今すぐ使える50冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鎌田浩毅の作品

地球は火山がつくった―地球科学入門 (岩波ジュニア新書 (467))を本棚に登録しているひと

ツイートする