フィールドワークは楽しい (岩波ジュニア新書)

制作 : 岩波書店編集部 
  • 岩波書店
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005004744

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実際自分の足で歩いて話して、知りたいことを知るというのは、観察する「私」という立場も問われるし、机上の勉強とは違う課題がありそうです。
    でも興味のあることを追及するって、いろんな入り口や道筋があるし、個々人で違うんだなぁと思いました。
    精読したと言えませんが、そんなことを思わせてくれる本でした。

  • [ 内容 ]
    歩いて、見て、考える―。
    あなたもフィールドワークをしてみませんか。
    日本の各地や、中国、インド、ヒマラヤなどをフィールドに、魚や鳥の生態、不思議な植物、言語、民族、考古学などを研究する人たちが、そのおもしろさを語ります。
    調査方法やまとめ方は、総合学習や自由研究の参考になるでしょう。

    [ 目次 ]
    1 ツンドラで瀕死の言語に向き合う
    2 ネオ方言はどのように生まれるのか
    3 水田・溜池で魚や鳥の生態を調べる
    4 町を歩いて石棺仏を調べる
    5 ヒマラヤで未知なる植物に出会う
    6 大衆演劇に飛び込んで参与観察する
    7 トナカイは誰のもの―文化の基層を映像化する
    8 アジア・アフリカの農耕をたずねる
    9 中国・竜神伝説の謎を追う
    10 談話と文化的学びのかかわりを見つける

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 仕事で野外調査をすることになり、とっかかりになりそうな内容が含まれていたので購入。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする