私の戦争 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.57
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005004799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 終戦時15歳

  • 79年前1930年11月10日に宮崎県に生まれ75歳で亡くなった映画監督。

  • 岩波書店から出ているから、というわけでもあるまいが、どうも戦争の捉え方が言い古された戦後民主主義からあまり出ていない。監督した映画の方がパターンから出ていたところが多かったように思う。「父と暮せば」の舞台になる家が原爆ドームの下にあるというイメージがタルコフスキーの「ノスタルジア」のラストから来たものだということを知る。

  • 終戦記念日に首相が靖国神社を参拝した。戦争から61年も経ったというのに隣の国ではデモが起き、国内においても様々な議論が飛び交う。そんな中、テレビを見ていたら正午に甲子園で高校球児が黙祷をしていた。あわてて、私も黙祷をしてみた。何を思い、何を感じたかは人それぞれなのかもしれないが、「戦争」という記憶は、平和な世界にとって忘れてはいけない宝物であることは間違いない。その体験を、映像を通じて伝えようとした黒木さんは、どんな思いでこの世を去ったのだろうか。戦争映画を軽んじていた私が、戦争について意見をもつにはもう少し正しい知識を蓄える必要があるのかもしれない。とりあえず、CDばかりを借りに行く近所のレンタルショップで、黒木さんの映画を借りてみようと思う。

  • 映画に比べて、イデオロギーがストレートに出すぎている部分がちょっと残念。戦争体験者が少なくなり、戦争の記憶が風化してしまうことへの焦りゆえだとは思うけれど、その時代、状況中に限定された人々の現実の有様をただ静かに語った方が、実はインパクトも説得力もあると僕は思う。ご自身の監督諸作のように。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする