父と娘の法入門 (岩波ジュニア新書 (519))

著者 :
  • 岩波書店
3.15
  • (3)
  • (6)
  • (20)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 85
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005005192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 法律は動物にからむ? (章の副題が)
    問題提起され 結論は一致せず
    民事のため
    しかし全体像を把握できるかもしれない
    会話方式で話題が進むので脱線が多い
    結論への導き方も論理的な正当性があるか?
    読者対象は一般的な 入門書として みれば わかりやすく 良書

  • ほんとうに入門書というか、「法」というものに対しての導入部分での父娘の議論という感じで、初心者の地固めにはいい感じ。全編通して、犬などの動物を話題にあげながら考えていく形式です。これまでモヤモヤしていたところをはっきりさせてくれたのが、親が子どもに対して暴力をふるうことについてでした。過度ならば虐待と言われるけれど、そうでなければ懲戒権としての体罰はありなんだですねえ。あくまで「親が」であって「先生が」でも「隣の家のおじさんが」でもない。子どもを叩くのは嫌だけど、そうでもしないと言うことをきかない場合がありますよね。こそこそ隠れて陰湿に仕置きではなくていいのです(そっちこそ怖いですが)。

  • 民法学者の父と娘の対話を通じた法学入門。身近な出来事を題材にわかりやすく解説されていた。
    P132
    父;狩猟については、鳥獣保護法という法律があって、複雑な規制がされているんだ。〜漁獲と狩猟の違いを確認しておこう。どこが違うかな?
    娘;対象が魚か獣かというほかには、場所が海か山かかな。
    父;そうだね。海はもともと誰のものでもない。それに対して山はどうかな?
    娘;誰のものでもない山って・・・・あるかな?どうかな?
    父;原則としてなさそうだね。少なくとも日本では。実は、日本では理屈の上では持ち主のいない土地はないんだ。というのは、そういう土地は国のものになるというルールが定められているから、土地には必ず持ち主がいるとすると、どうなるかな?
    娘;でも、土地の持ち主がいるとしても、そこに住んでいる野生の動物が、その人のものになるわけじゃないでしょ?
    父;〜あちこちに動く動物は、土地とは別のものだね。〜

  • 法についての具体例もちょいちょい出てくるけど、あくまで本質は”法とは何たるか”の部分。本書の場合、対話形式が上手に活かされていて、法入門としての有難みも十分。ジュニア新書の面目躍如、って感じですね。

  • 4-00-500519-5 209p 2005・10・20 1刷

  • <閲覧スタッフより>
    人間社会を支える「法」を教育に取り込み、意識的に考える法教育。我々の身近な存在である動物と比較することにより、人間に適用されている「法」を考えます。動物をめぐる社会状況の把握にもつながる一冊です。
    --------------------------------------
    所在記号:新書||321||オオ
    資料番号:20088857
    --------------------------------------

  • 宮崎哲弥おすすめだったので新書まとめ買いしたものの一冊。あれ?期待した内容とはかけ離れている。面白くないのだ。本来例として扱うべき動物保護に寄りすぎている。読むべきは最後の12章くらいか。

  • 父と娘の〜的な本によくある、ヴェルターズオリジナル的な雰囲気は皆無!
    なんだか娘が父に対して厳しい笑!
    一風変わった対談形式で、随所に盛り込まれているボケに楽しく一気読みしました
    法とは何か、なんでそのルールはないといけないのか、じっくり考えながら読むことができます!
    読書案内もついていて、興味の幅を広げるには素晴らしい一冊

  • 父と娘の対話形式で法についてわかりやすく説明がされている本。
    法テラスなどの最新の法学についての知識を得ることができる。

    なかなか笑わせる書き方がされている。

  • 大学入学前に読んでみた。易しい。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院法学政治学研究科教授

「2017年 『民法研究 第2集 第2号 〔東アジア編2〕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大村敦志の作品

父と娘の法入門 (岩波ジュニア新書 (519))に関連するまとめ

父と娘の法入門 (岩波ジュニア新書 (519))を本棚に登録しているひと

ツイートする