国際機関ってどんなところ (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005005703

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者:原 康

    ・本書の旧版は1994年に刊行された。
    ・出版社
    http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/50/5/5005700.html

    【目次】
    1 21世紀は国際機関の時代
    2 世界平和を守るために
    3 世界政治・経済の円滑な運営を求めて
    4 地球規模の豊かさを求めて
    5 一つの世界に向けた地域統合のために
    6 かけがえのない地球を守るために
    7 地球規模の共生のために
    8 人間らしい生き方を求めて
    9 国際機関で働こう

  • VISTA:ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンが次の有望な投資先になっている。
    国際社会は日本、アメリカ、アルゼンチンなどというそれぞれ名前をもった国民国家の集まりです。そして、この国民国家は崩すことのできない国際社会の構成単位として、他の国が侵すことのできない主権をもっているという伝統的な国家観がある。EUはこの国家観までも超えようという壮大な実験をしている。

  • [ 内容 ]
    世界各地で紛争が頻発し、国際金融システムが不安定さを増し、地球環境問題が大きくなった。
    そんな21世紀は、地球規模での統治力が要求される時代だ。
    100を超える国際機関はどんな課題に取り組んでいるのだろうか。
    その取り組みから、現代の世界がかかえる課題がくっきりと見えてくる。
    21世紀対応の新版。

    [ 目次 ]
    1 21世紀は国際機関の時代
    2 世界平和を守るために
    3 世界政治・経済の円滑な運営を求めて
    4 地球規模の豊かさを求めて
    5 一つの世界に向けた地域統合のために
    6 かけがえのない地球を守るために
    7 地球規模の共生のために
    8 人間らしい生き方を求めて
    9 国際機関で働こう

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ニュースによく登場する国際機関について、その生い立ちと役割を簡潔にまとめてあります。いつかこんな関係の仕事してみたいなー

全4件中 1 - 4件を表示

国際機関ってどんなところ (岩波ジュニア新書)のその他の作品

原康の作品

ツイートする