社会とどうかかわるか――公共哲学からのヒント (岩波ジュニア新書 608)

著者 :
  • 岩波書店
3.19
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 61
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お世話になった山脇先生の高校生向けの著書。
    活私開公と民主主義の問題は、学校でもっと実践されるべき。
    著者も自ら指摘の通り、理想論で、「べき」論になっているが、この「べき」を見失った社会は殺伐としているので、活私開公の理想は小さなところで実践していきたい。

  • 今まで滅私奉公を単なる昭和的価値観だと深く考えていなかったが、滅公奉私といった逆の例も詳しく説明がなされ、そのどちらも社会にも自分にもよくないことだと、言われればそうだな〜と感じた。
    和して同ぜずで、「しぶしぶ同調しながら陰口を叩くのではなく、正しいと思う意見は軽々しく譲らない」というのは頭では理解出来ているが、実行出来ているか、怪しいかもしれない。
    プラトン、ソクラテスのエピソードからは、大衆政治により少数の賢者の知性が殺されてしまう危険性が分かったが、それを乗り越えられるような仕組みを考えたいと思った。
    ジョンデューイ、アリストテレスからも、自分の生き方のヒントを得られた気がした。
    全体的に分かりやすいので、この分野に疎い自分にはいい入門書だった。

  • 明治維新によって従来の封建的な社会体制が崩れ、その後自由主義や人権といった考え方が日本に入り自由民権運動が起こってゆくが、1930年代以降滅私奉公が唱えられ、自由民権運動は完全な形で完成はしなかった。しかし戦後は滅私奉公への反省からより個人が大事にされる社会を目指して滅公奉私への流れになり、その矛盾が多く現れる今、活私開公を目指そう

    というのが本書の指摘する歴史軸なのではないかと思う。

    個人的には、滅私奉公、滅公奉私などということばで時代をひとくくりにすることに違和感を覚えるが、
    戦後の民主主義運動は、戦時中の滅私奉公の流れに対する反省から、個人がより大事にされる社会を形成し日本社会に民主主義を根付かせる運動であったのかなと、個人的に思った。
    そしてまた「滅私奉公」を掲げる政治家が力を持ちつつある今、戦後民主主義運動ははさらに民衆の間で力を入れて取り組み洗練させていかなければならない課題なのだとも感じた。

  • 読みやすい。公共哲学とは何か。

  • 今の社会は滅公奉私で、昔は滅私奉公だったと言い、そのどちらもだめだった事はわかっているので、ならば、活私開公という、新しい考え方を提案している。

  • ・和して同ぜず
    ・滅私奉公や滅公奉私ではなく、活私開公へ

  • そうか、公共哲学だったのか。 これまで自分がいろいろと思い悩んできた内容が公共哲学という分野の問題だということが分かったのが、一番大きな収穫だった。 公共哲学うんぬんは別として、これからの社会に生きる「大人」が考えなければならない課題が提起されているという点から、ぜひ、全国の高校・大学生に読んでおいてもらいたい本だ。 [more] ・日本の伝統「滅私奉公」(全体主義)=個人の心を犠牲に全体を優先する ・近年進む「滅公奉私」(個人主義)=個人(や身内)の利益優先で他はどうなろうが知らない ・21世紀はこのどちらでもない、個人を尊重しつつ、しかし全体(公共)のことも考えられる「バランスの取れた」社会を目指す必要がある=「活私開公」 ・「和して同ぜず」=個々人の個性や多様性を尊重し、同調や同化によらず、相互理解によって信頼関係や友好関係を形成すること

  • 新刊ラジオ 1−8

  • 子供向けの本は往々にして本質をついていることがあるが、この本はキレイゴトに終始している感じである。

    選挙権があるとかそういう制度があるかどうかは特にイシューでない。イシューは自分が居心地のいい居場所、承認される場所を社会にどうやって「全員が」見つけるか、であろう。

    選挙権があっても普通は自分の居場所は見つけられない。

    だがそう考えるともう答えは出ていて、見つけるのではなく自分が変わるべきなのである。これが頭でわかってても心では難しい。

  • 分類=社会・子供。08年11月。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

星槎大学副学長/統合学術国際研究所長/東京大学名誉教授

山脇直司の作品

ツイートする