ルールはなぜあるのだろう―スポーツから法を考える (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「スポーツについて考えることが、法について考えることに役立つというのではなくて、スポーツを考えることが法を考えることに直結している」・・・。
     話題性や興味で言えば、大多数の人がスポーツに集中し、法(もしくは裁判等)に興味を持つ人は少ないだろう。おもしろさもないし、何よりとっつきにくいというのが本音だが、この本ではその解釈をスポーツのルールという具体例を交え、スポーツと法、2つの側面から共通点や相違点などを説明している。
     スポーツにルールがないとどうなるか?例えばサッカーにオフサイドがないと?
     確かにオフサイドがなければ簡単に点も入れられるし、何より難しくない。しかし、現実ではオフサイドは存在しており、サッカーのゲームの面白さを引き立てる要因の1つになっている。
     法律はどうだろうか?赤信号は渡ってはだめだというルールはさして難しくないはず(いわゆる常識)。
     スポーツのルールは守れても、社会のルールが守れないのはなぜか?
     考えると難しいが、「制約を知り、十分に自由を楽しむ」。これが法律が私達に授けた1つのプレゼントなのだろう。

  • ちょっとだけクイーン父子を思わせるやりとりがよかった。
    むちゃくちゃ平易な言葉遣いでありながら、非常に深いところまで論じているようには思う。が、なんかもうちょっと具体的な事例を多くしてほしいなという気はする。

  • S780-ジユ-610 300047933

  • 2008年発行。父と息子の対話形式で、スポーツは何か、法とは何か、スポーツを通じて、法を通じて、人はどのように生きるかということが書かれている。個々の章で書かれていることはわかるものの全体として何がいいたいのかがよくわからなかった。父と息子の会話に違和感があって少々読みづらいところもあった。

  •  スポーツのルールについて考えることで、社会における法のあり方を考えようという趣旨の本。タイトルのまんま。しかし、タイトルから見ると意外に感じるかもしれないのだけれど、本書はスポーツ論も大きな側面の一つに据えている。つまり、スポーツという具体概念から法という抽象概念を導く、というのではなく、スポーツも法も並立して語られているということ。実際、「スポーツとは」という展開も多く見られる。
     また、本書には「法教育」のためのテキストとしての側面もある。「岩波ジュニア新書」であることからもわかるように、本書は子どもも読めることに価値を置いている。この本を読んだ子どもが、スポーツという身近な事象を通じて、法に対する態度を育めるように設定された本であるということだ。親子の対話形式で書かれていることも、読みやすさの向上に一役買っている。どうでもいいけど、この親子の会話が殺伐としていて笑える。なんで息子は父を「キミ」と呼ぶのだろう(笑)。

     さて、そんなこんなで、話題がてんこ盛りな本であるのだ! その結果、残念ながら内容の読み取りづらさは目立っていた。一方、内容に関しても抽象的な議論も多く、果たして子どもがすんなりと中身を受け取れるのかは疑問。

     ・・・っていうようなレビューを書こうかなあ、と思いながらこの本の終盤を読んでいたんです。すると、ほぼ同じようなことが「あとがき」に書かれていてビビった! この先読みしていた感がハンパねぇ。やんごとねぇ。


    【目次】
    読者のみなさんに
    第Ⅰ部 スポーツと法の関係を見てみよう
     初日 スポーツから法へ
     2日目 スポーツにかかわる法
     3日目 スポーツを支える法
    第Ⅱ部 ルールはどんな性質をもっているのだろう?
     4日目 ルールはどこにあるのか
     5日目 ルールは何を決めているのか
     6日目 ルールは何のためにあるのか
     7日目 ルールはどこまでおよぶのか
    第Ⅲ部 スポーツは何を求めているのだろう?
     中日 競争を考えてみよう
     9日目 公平を考えてみよう
     10日目 評価の基準は
     11日目 国際化すると
    第Ⅳ部 スポーツと法から社会を見てみよう
     12日目 観客とアマチュアがはたす役割
     13日目 クラブは民主主義の学校
     14日目 スポーツから裁判を見ると
     千秋楽 新しい社会を考える
    あとがき
    付録1 読書案内
    付録2 競技規則入手方法

  •  この本は著者と著者の子供の話を書いた、親子対話形式で書かれている。著者が説明していくことをスポーツマンの息子がスポーツマンの目線でつっこんでいく。どんなスポーツもルールがなくては成り立たない。小学校の時にドッヂボールをしたことがあるが、本格的ではないものの基本的なルールでしっかり成り立っている。この小学生の時のドッヂボールがいい例なのだが、正式なルールではないので人によってルールが違う。しかし、正式なルールではなく自分たちだけのルールを考えることも大切なのである。そのルールばかりに縛られていても面白くないと思う。だから、学校のルールも自分たちが変えたいと思えば、常識の範囲で提案したほうがいいと思った。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院法学政治学研究科教授

「2017年 『民法研究 第2集 第2号 〔東アジア編2〕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大村敦志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
大野 更紗
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする