アフガニスタンの未来をささえる―国際機関職員の仕事 (岩波ジュニア新書)

  • 岩波書店 (2009年4月21日発売)
3.58
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006205

作品紹介

世界銀行、国際移住機関、国連人口基金、ユネスコ。アフガニスタンの国際機関職員として働く4人の日本人が、それぞれの職場から見たアフガニスタンの国と人、援助の実状と将来について熱くレポート。危険と隣り合わせの仕事を選ぶまでの道のりと、これからの国際機関職員をめざす人たちへのメッセージを語ります。

アフガニスタンの未来をささえる―国際機関職員の仕事 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途方もない世界を感じた。
    ここに人権はあるのだろうか。
    そしてその獲得はどのような形でなされるべきなのか。
    開発とはなにか。基準はどこに設けるか。
    もっともっと知らないといけない。考えないと。
    「開発」後進国には先進国の基準をもってしては測れない幸福がある故、援助は不要
    という議論で片づけていた自分が恥ずかしくて仕方ない。
    世界についての無知の痛感。
    真剣に勉強しないと。
    知識を獲得するための本を読む際、
    目的意識をもち、逐一辞書などで確認しながらにしないと。
    そしてこのような国の状態を基準にした生活や物事の判断をしていこうと思う。
    選択の所在、学習環境の整備、衣食住の環境。今の状態に感謝し、精一杯できることを模索。

  • 何人かの著者からみたアフガニスタンがかかれている。わかりやすい。女性の目からみた文章が興味深かった。

  • 2010/01/08

  • アフガニスタン勤務経験のある国連職員の共著なので、彼の地の復興援助、
    開発援助がわかるだけでなく、どのように生活をしているのかの記述もあり
    同じ業界(の端っこ)に身を置く立場としてはありがたい一冊。

    ジュニア新書なので、アフガニスタン初心者にも理解しやすい。

全5件中 1 - 5件を表示

石原陽一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アフガニスタンの未来をささえる―国際機関職員の仕事 (岩波ジュニア新書)はこんな本です

ツイートする