数学で遊ぼう (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者なりに工夫していろいろ面白く書いているのはわかるけれど、「これでは数学嫌いの人には読めないなあ」という印象。とても真摯な姿勢が伝わるだけに、残念な感じがする。

  • 電車に乗っているときの速度の測り方、遠くからみているときの列車の図り方、あみだくじのしくみ、誕生日当てゲームなど、いろいろ面白いことが書いてあった。
    一番興味深かったのは、高速道路での車間距離と、追い越しに必要な距離の差に驚いた。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1953年東京生まれ。東京理科大学理学部教授(理学研究科教授)を経て、現在、桜美林大学リベラルアーツ学群教授(同志社大学理工学部講師を兼務)。理学博士。専門は数学・数学教育。『新体系・高校数学の教科書(上・下)』、『新体系・中学数学の教科書(上・下)』、『群論入門』、『出題者心理から見た入試数学』(ともに講談社ブルーバックス)、『数学的思考法』、『算数・数学が得意になる本』(ともに講談社現代新書)、『算数が好きになる本』(児童書 講談社)、『置換群から学ぶ組合せ構造』(日本評論社)など著書多数。

「2018年 『今度こそわかるガロア理論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芳沢光雄の作品

ツイートする