シルクロード 歴史と今がわかる事典 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史書というより紀行文に近い。
    もう少し歴史に関する叙述が欲しかった。

  • アジア各地を舞台に写真を撮り続けてきた著者。
    その著者の目とフィルムに写った風景と、その風景がどうしてそこにあるのか、その簡単な歴史的背景が語られる。

    トルコからはじまり、西安、泉州へ至る地域を収めているが、途中の章の掲載順も西から東へ旅をするように収めた方が良かったように思う。全体としての流れが不明確。
    とはいえ、そのように細かな風景を場所ごとに簡潔に描いていくことで、一冊の本を通して読んだときに、一枚の点描画ができあがるような印象があった。

    でもこの本を一枚の絵としてみたとき、それは点描画というより、むしろ銅版画のように思えた。
    削って傷を付け、腐食させられた板。
    それを著者の見た瞬間で、刷りだしたときに完成した版画のようだ。
    古い傷、新しい傷、深い傷、目立たない傷・・・、どの傷も「今」という画面にその痕を残している。
    削られた傷が写す描線は、時には痛々しい。
    けれど刷られた瞬間に表面に浮き上がるインクのように、生命力を感じる時もある。どんな場所でも、人間はたくましく生きているのだなと思う。

    「歴史と今がわかる事典」というタイトルには、少し無理がある気がする。
    でもそれは、このサイズの本で収めるには、テーマが大きすぎただけのことだろう。
    むしろその簡潔さが、かえってこの本の魅力なのかもしれない。

  • 1970年代のNHKシルクロード取材で写真担当だった著者が、現在のシルクロードを旅し、“実際に足で歩いて目で見てきた”遺跡、人文を紹介している本。子ども向けの本なので、事歴などはわかりやすい。 

  • 登録日:8/27

  • 前書きにもあるように、実際には「事典」ではなくシルクロードの都市を西から東へと進む紀行文。日本人には比較的なじみの浅い中東地域の人々の暮らしぶりが興味深い。また、各節がとても短く、また臨場感のある書き出しなので、スッと引き込まれれば読みやすく感じると思う。一方で、全体としてのストーリーのまとまりに欠け、短文の寄せ集め的な印象が強いのは残念かも。

全5件中 1 - 5件を表示

大村次郷の作品

ツイートする