農は過去と未来をつなぐ――田んぼから考えたこと (岩波ジュニア新書)

  • 50人登録
  • 3.92評価
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 宇根豊
  • 岩波書店 (2010年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006625

作品紹介

イネを植えるのに、なぜ田植えって言うんだろう?田んぼの生きものを数えてみたら、5700種もいることがわかった。田んぼはイネを育てるだけでなく、多くの生きものを育てているのだ。環境稲作を提唱してきた著者が、生産者減少や食料自給などの問題を考えながら、「農」が本来もっている価値を1つ1つ拾いあげていく。

農は過去と未来をつなぐ――田んぼから考えたこと (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 栄光ゼミナール1年3月理科実験。

    2013〜2015年中学入試でよく出題された作品。

  • 2000年前の中国に荘子という人がいました。蝶になる夢をみた荘子が夢から醒めて、ひょっとすると人間であるほうが夢で、蝶であるのが現実ではないかと疑う話などが有名です。このように荘子は面白い話をいっぱいつくっています。それを収めたのが『荘子』という本で、その中にすごい百姓が登場します。
    それにしても、金儲けの気持ちが薄い百姓を、「趣味じゃあるまいし」などと軽んじるのは最近の傾向です。

  • 2010年読後、著者に会うため大学主催のサミットに参加。
    農が持つ多面的な魅力を再認識。
    この本には、作る人も受取る人もみんなが共有したい大切な
    ことが書かれている。
    著者に心からありがとうと言いたい。

  • とても筆者の情熱が伝わってくる本です。日本の農業…自分からは遠いもので、今まで考えたこともなかったこと。それが少し近くなりました。田んぼのある風景、田んぼで育まれる生き物たち、全てひっくるめての農業なのですね。自分の生活を少し見直すとともに、是非機会を作って田んぼを見に行きたいなと思いました。

  • 自然な風景、当たり前の風景。
    田んぼにかこまれた土地でずっと暮らしている私にとっても、それは当たり前の風景。
    しかし、少しづつ変わっていく、当たり前の風景。

    生きるために仕事をするのか、仕事をするために生きるのか。
    生きているから仕事をするのか、仕事をするのが生きることなのか。
    それなら、楽しく仕事をしたいと思わないのか。

    いろんな、当たり前のこと。
    いろんな、誰もが考え付くこと。

    だけど、それは普通じゃない。

    筆者が、生粋の農家、百姓ではなく、外からこの世界に踏み込んだ人間だというのが、この本の語ることを一番よく表している気がします。

  • わかりやすい平易な文章。内容は実践に基づいた骨太の農の本質を捉えた哲学的なもの。農業観、百姓観がガラッと変わる。

    各章末のやってほしいこと、は、
    小学校の総合的学習で是非取り組んで欲しいもの。

    読み終わると、農業科目必修化に賛成したくなる。きちんと筆者の考えに基づいて。

  • 農業は、儲けるためにするのか。そうしてしまったのは、政府。田んぼの実り、それは「できる」ものであって「作る」ものじゃない。生産効率だけを追いかけて、じゃあ、田んぼの生きものたちは何?全てが関わって米ができるのに、目を向けないできた。

    近代化の中で、見落とされて、軽んじられてきたものに目を向ける。それが現代の農業が抱える課題に何か道筋を拓くものではないか、と。

  • 農業立村に住んでいると否応なく「農業」という産業についてあれこれ考えることが多くなります。  でもね、正直なところ落ちこぼれながら会計人だった KiKi のいわゆるビジネス・センスとかビジネス哲学と農業ってどうしても相容れないことが多いような気がするんですよね~。  要するに都市部の、ひいては現代社会では当たり前になっているある種の尺度では測れないことが凝縮されて成立しているのが農業という産業のような気がして、いえ、そもそも産業という捉え方をして「工業」とか「商業」と並立させる発想で俯瞰しちゃいけないのが農業のような気がして仕方ありません。  ま、そんなモヤモヤとした想いを言語化する1つのきっかけになれば・・・・・と手に取ってみました。

    今回この本を読んでみて目からうろこだったのは、「農業の生産物とは果たして何だろう?」という視点でした。  KiKi のようなサラリーマンあがりの人間にとってそれはやっぱり「米」であり「野菜」であり、要するに「市場に売ることができるもの限定」と思い込んでいました。  でも、KiKi のようななんちゃって農家の営む田んぼでも、赤とんぼが生育しています。  もちろんこの生育に KiKi は一切手を貸しておらず(赤とんぼの成虫を田んぼに離したわけではないし、卵を採集して羽化まで見守ったわけでもない)、ただ単にIおばあちゃんに教えられるままに、田んぼを耕し、田んぼに水を引き入れ、稲を植えただけです。  でもその営みがトンボをここに呼び寄せ、産卵させ、勝手に育ち、勝手に赤とんぼになっているだけのことではあっても、田んぼがなければ生まれなかった命でもある・・・・・ということに、初めて気がつかされました。

    (全文はブログにて)

  • 20101025 守るべき物を守る。そのためにどうするか!

  • 農業を再定義する一冊。そう書くと言い過ぎかもしれないが、農業オンチの私にはとても面白い本だった。たとえば、田圃にいる赤トンボやメダカは「農業生産物」なのだろうか?田圃の風景は? ふつう農業というと、「お金になる農作物を作る仕事」と捉えてしまうが、この本ではそれだけではない農業の「価値」を教えてくれる。大上段に構えて農業を論じるのではなく、エッセイ調で綴られた、実際に現場にいる人の実感のこもった農業(稲作)論だ。

全11件中 1 - 10件を表示

宇根豊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

農は過去と未来をつなぐ――田んぼから考えたこと (岩波ジュニア新書)はこんな本です

農は過去と未来をつなぐ――田んぼから考えたこと (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする