漢字のサーカス 常用漢字編1 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006717

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白いけど書き込みたくなっちゃうな~。
    図書館で借りる本じゃなくって、
    半額ぐらいで雑誌だったらいいのになぁ♪

  • 登録日:1/19

  • なにごと?この岩波ジュニアらしからぬ表紙のセンスの良さは? 

    それが、この本の表紙を初めて見た時の感想だ。奥付を見てそれも納得、表紙も手がける著者は、本業がビジュアル・デザイナーだった。

    この本は、デザイン的観点から漢字をパズルにした問題集である。間違っても、「漢検2級対応」というたぐいの本でもないし、失礼ながら僕の読んだところ、「楽しみながら力がつく」本でもないと思う(もしかして筆者はそれを意図しているのかもしれないけど)。

    でも、ただ純粋に「楽しい」。問題を問いてもいいし、ただ眺めて漢字のデザインを楽しんでもいい。何より、著者が楽しんでいるのがよくわかる。たぶん、この文章を読むくらいに読書に関心があって漢字が読める人であれば、誰でも純粋に楽しめるパズル本だと思う。

    いろいろ面白いパズルがあって、中には部首ごとにグループ分けされているような「お勉強」に役に立ちそうなものもある。でも、この本の真骨頂は、同じ字が45度ずつ重なっている「風車」とか、縦や斜めに引き延ばされた「字レッダー」。これができたって、「テスト的漢字力」向上には何も寄与しないもの。それがいいんだな。デザインとしての漢字を著者が楽しんでいるなあという気持ちが伝わってくる。

    「漢字のサーカス」とは、よくつけたタイトルだと思う。まさにサーカス。漢字って、本来こういうデザインと相性がいいのかも。でも僕らが日常、漢字の「意味」にばかり目がいきすぎて、デザイン的な魅力に気づいていないだけなのかもしれない。表音文字系の外国人に漢字がファンタスティックだと言われて逆にこっちが驚くような、そんな再発見をさせてくれた一冊だった。

    というわけで、「漢字勉強に役に立つ」類の本を求める人、この本は読まないで。お互いにとって不幸だから。でも、漢字のデザインにはっと驚いたり、楽しんだりしたい人、ぜひ読んでみて、な一冊です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1938年、長野県生まれ。ヴィジュアルデザイナー。東北芸術工科大学名誉教授。東京芸術大学大学院修了。文字やデザインを遊びの視点から創作・研究するとともに、フジサンケイグループ、NEC、西武百貨店、学研などで、CI計画、グラフィック、商品開発などを手掛ける。長野冬季五輪デザイン検討委員会委員長も務めた。世界カレンダー賞金賞、「漢字博士」でおもちゃ大賞、グッドデザイン賞などを受賞。ゲームの開発や著書も多数。全国紙(朝日・産経)に20年間パズルを連載。

「2017年 『世界で一番おもしろい漢独』 で使われていた紹介文から引用しています。」

漢字のサーカス 常用漢字編1 (岩波ジュニア新書)のその他の作品

馬場雄二の作品

ツイートする