生物多様性と私たち――COP10から未来へ (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006823

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • セヴァン・スズキのスピーチ
    https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD+%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81

    なぜ生物多様性があるのか?という問いは、とても興味深い。
    https://www.youtube.com/results?search_query=%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%A4%9A%E6%A7%98%E6%80%A7

    生物多様性は、生命絶滅のリスクを分散するためにある。
    単細胞生物は、30億年前からずっと変わらない。彼らはずっと自分自身のコピーを作り続けてきた。単細胞生物は、多細胞生物が繁殖をする時のリスクや手間をかける必要がない。反面、限られた環境にしか適応できない、環境が激変した場合は絶滅の可能性もあるというデメリットがある。

    環境の変化やウイルスによって、単細胞生物の中から、多細胞生物が誕生したのは10億年前。
    気温や湿度などの環境の変化や、ウイルスに対応するために変化が起きた。この時、何があったんだろう?単性生殖が有性生殖に変わるのは尋常でないことに思える。この変化はどのようにして叶ったんだろう。
    ウイルスが生命を進化させたって題名の本があったな。

    現在の温暖化に伴う異常気象は、人間が誘発している人為的現象である可能性が高い。そのために、地球温暖化を防止するために世界中の国が協力し合おうとしている。が、状況は芳しくない。
    生命体としては、人類が滅んでも地球が大丈夫なら大丈夫。でも私は人類なので、現生人類にはなるべく長く存続して欲しい。

    生物多様性の全容は、まだ人類の前には現れていない。地球上の種の数は?
    どの種がどの環境で、どのような役割を担っているのか?遠く離れた場所へ、どのような影響を与え合っているのか?
    わかっていないものを、見つける前に失っているのが現状だ。

    わかっていないことが多すぎる。だから、次世代のために残していく、保全していく義務がある。
    私たちにわからないものでも、未来の誰かが研究したり、よい利用法を見つけてくれるだろう。
    人は他の生物に比べて、環境へ与える影響が段違いに大きい。
    だから、知識を集め、想像力を養っていく義務がある。

    榮井農園 紅花
    http://www.sachio-yoshioka.com/blog/tag/%E7%B4%85%E8%8A%B1/
    https://art-true.com/purple/

    おさかなポスト
    https://ameblo.jp/osakanapost/

    バンダナ・シバ
    http://democracynow.jp/video/tag-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%90

  • 「世界思想2010年春37号」にのいってた人

  • 468 コ 登録番号8043

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京大学農学部卒業。ハンガリーの中東欧地域環境センター勤務後、英国イーストアングリア大学で修士、ドイツ・フライブルク大学の環境森林学部で博士号取得。2008年4月より名古屋市立大学の准教授(経済学研究科で環境経済・環境マネジメントを担当)。

「2009年 『森林大国カナダからの警鐘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生物多様性と私たち――COP10から未来へ (岩波ジュニア新書)のその他の作品

香坂玲の作品

ツイートする