自分力を高める (岩波ジュニア新書)

  • 90人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (7)
    • (14)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 今北純一
  • 岩波書店 (2011年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006854

自分力を高める (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の今北純一さんは国際ビジネスマン。羽生善治さんの本を読んでいて知己であり示唆を受けた存在と書かれていたので関心をもった。中高生向けに書かれた自分自身の力で考え行動し生きていくことの大切さが語られる。一門の人になっている今北さんなので、どれほど輝かしくすごい順風満帆の人生を歩んできたのかと思いきや、(東大卒とか海外留学とか会社と交渉して留学条件を勝ち取るとかなかなかまねできそうにないんだけど)自分自身では己の弱さや俗っぽさ、固定観念にとらわれていたのを克服してきたように語っている。そこにシンパシィというか、身近さを感じた。
    岩波ジュニア新書なので、子ども向け感はあるんだけど、これから何冊か今北さんの本を読んでいこうと思っているので、ひととおりの経歴やアウトラインを知る意味で一冊目に読んでよかったかな。

  • この著者の能力っちゅうのがすげえなあ、と、経歴だけを見て思った。

  • 羽生善治「大局観」を読んで、ずっと気になっていた人物。

    肩書きに頼らない、自分力で勝負という著者の主張に最も説得力を持たせているのは、(非常に逆説的だが)グローバルなビジネスシーンで活躍してきた著者自身の肩書きではないかと思う。

    しかし、読み進めるにつれ、著者の若年層(高校生・大学生をターゲットか)に対する押しつけではない、説教的ではない、温かな人生訓が伝わる。

    学生時代に読んでおきたい本だと思う。

  • 【閲覧係より】
    --------------------------------------
    所在番号:新書||159.7||イマ
    資料番号:10207727
    --------------------------------------

  • すごく元気の出てくる本でした。でも対象年齢はもっと若いのでしょうね。

  • 過去に戻れるなら受験する大学を決める前に読みたい。
    著者と同じ後悔がある。
    大学の入学式前に読みたかったな。

  • 自分がどう生きたいのか、そしてその生き方を実践するためにどうしていけばいいのか、考える手助けになってくれた。まだまだ悩んでいるけれど。

  • 159.7 イ 登録番号8219

  • 20110806 自信を無くした時に手にしたくなる本。新入社員にもいいかも。

  • 最後に頼りになるのは自分しかいない。
    一流大学とか一流企業なんてのは世界に出たら、何の役にも立たない。
    人生で大切なものは自分の宇宙を持っている人が幸せだということ。
    人間というのは何かで失敗した時に、それらの生涯を乗り越える為に前向きになれる。

全11件中 1 - 10件を表示

自分力を高める (岩波ジュニア新書)のその他の作品

今北純一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

自分力を高める (岩波ジュニア新書)はこんな本です

自分力を高める (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする