さとやま――生物多様性と生態系模様 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)

著者 : 鷲谷いづみ
  • 岩波書店 (2011年6月22日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006861

さとやま――生物多様性と生態系模様 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本は、日本学術会議が、中学生にも理解できる水準と優しい表現で、最先端の学術情報を提供しようという意図で出版している岩波ジュニア新書の中の、<知の航海>というシリーズの1冊。ジュニア向けとはいえ、使われている用語は専門的で、私にとってはどちらかと言えば学術的な内容と言える。
    衰退の危機にさらされている「さとやま」を様々な角度から眺めることにより、人類の起源からその進化の過程において、生活や文化と密接に結びついた必需品の供給地として、大変重要な役割を果たしてきたことがわかる。とはいえ、「かつては普通にみられたのに、今は絶滅危惧種となっている生物が多く生息・生育する場所」というシニカルな表現は、さとやまが今日いかに危うい状況にあるかを、残念ながら見事に言い得ているといえよう。そうした状況下ではあるが、最終章において、持続可能な保全や再生へ向けての国内外の取り組みも紹介されている。どちらかといえば地道なこうした活動が、各地に広がっていくと同時に、今後も確実に続いていくことを願わずにはいられない。

  • ecological footprint
    https://www.youtube.com/results?search_query=ecological+footprint

    ヨハン・ロックストローム
    https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=ie8scint&p=%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0

    ペティ=クラーク
    https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=ie8scint&p=%E3%83%9A%E3%83%86%E3%82%A3%EF%BC%9D%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF

    修復生態学
    https://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=ie8scint&p=%E4%BF%AE%E5%BE%A9%E7%94%9F%E6%85%8B%E5%AD%A6

    サクラソウって、絶滅しかかってたの?

    現状のままの人間活動が続くと、地球環境の安定が損なわれ、人そのものの持続可能性が危ぶまれる事態になっている。

    浪費型ライフスタイルの消費者としてだけ生きたいか?

  • 請求記号:SS/468/W44
    選書コメント:
    岩波ジュニア新書は中高校生向けのシリーズ。環境問題を考える際にはある程度の自然諸科学の知識を求められるが、このシリーズは入門書として役に立つ。本書は人間が関わって維持される生物多様性のあり方を考えさせる。
    (環境創造学部環境創造学科 北澤 恒人 教授)

  • コウノトリを育む米、のような農作物を買うことは、コウノトリが生活できるような生態系を守るということ。

    サクラソウについて。

    一昔前の「普通の生き物」で現在では数を減らしてしまっているものについては、生息地の減少など、単純な原因でそうなっているのではない。農業のやり方が変わり、山にヒトが手を入れなくなったことで、生態系全体が変化してしまっている。生息地を確保できても、この問題に対処しなければ、個体数の減少は止められない。

  • 過去の人が行う自然の中での活動は山の植生を豊かにしていた。人が里山に入らなくなった現代では、無配慮な植林、外来の動植物、護岸の設置等のためにかつての豊かな植生が失われている。内容は広く浅く。エコロジカルフットプリントや修復生態学などの紹介があり少しためになった。昔ながらの人の自然との接し方が良いことは理解できたが、ただ昔の生活に戻るというだけでは非現実だし、目的が「昔の植生」というだけでは憧れはしても必ずしも目指す姿にはなり得ないのかも

  • 519.81 ワ 登録番号8220

  • 生態系について、身近な例を挙げて分かりやすく解説してある。

全7件中 1 - 7件を表示

鷲谷いづみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
三浦 しをん
又吉 直樹
冲方 丁
パトリック・ネス
有効な右矢印 無効な右矢印

さとやま――生物多様性と生態系模様 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)はこんな本です

ツイートする