幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)

著者 : 蓼沼宏一
  • 岩波書店 (2011年6月22日発売)
3.37
  • (6)
  • (13)
  • (17)
  • (5)
  • (2)
  • 236人登録
  • 23レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005006885

作品紹介

経済のグローバル化、人口の高齢化、地球環境問題など、さまざまな課題を抱える現代社会…。私たちは今後、どう生きていくべきなのでしょうか。「効率」と「衡平」をキーワードに、ひとの福祉とは何か、人々の福祉を高めるために望ましい社会経済システムとはどのようなものなのかを考えます。

幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビュー省略

  • 「ー」

    これが中高生向けなのに驚く。内容は極めて高度だが、書き方は読みやすい。中高生の学習意欲を刺激するだろう。

    PS福祉指標は初めて聞いた概念だった。が、日本とブータンの幸福の違いを表すのに使えそうだ。とても面白い考え方。

    ”効率”はパレート効率で無くてはならず、誰かが損をするのでは意味がない。それこそまさに最大多数の最大幸福だ。著者はそれを否定する。

  • 中高生向けの本にありがちな難しさ。2章までは一般常識で理解できることをあえて教科書的に書き、眠くさせておいて、3章目以降はちゃんと理解したいのに、学生の丸暗記向けというのか、ふつうの大人に分かるような書き方になっていない。。まあ私の予備知識がなさすぎるのだけど。途中で図書館に返してしまった。

  • 読了。

  • 【メモ】
    ・著者
    蓼沼宏一(社会的選択理論,厚生経済学,ゲーム理論)
    http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/toku/1106/500688.html

    【目次】
    はじめに
    第1章 「経済」とは何のため?
     「経済」とは?
     限りある資源の配分
     人間中心の見方
     資源配分を順序付けよう
    第2章 ひとの「福祉」とは?
     「福祉(well-being)」の意味と基準
     消費するモノ・サービスの量――財
     幸福であること・欲望が満たされていること――効用
     成し得ること・成り得ること――機能・潜在能力
    第3章 無駄のない経済システムとは?
    「無駄」があるのはどんなときか?
     無駄のない資源配分――パレート効率性
     利害対立があるときには?
    第4章 市場システムは効率的か?
     価格による取引のメリット
     競争的な市場で実現する資源配分の効率性
     市場システムで効率性が達成されないケース
    第5章 格差のない社会とは?
     均等に分けること
     つり合いが取れていること――衡平性
     衡平な配分は存在するか
     衡平性に基づく資源配分の順序付け
    第6章 効率と衡平
     衡平で効率的な資源配分は達成可能か
     効率性基準と衡平性基準の対立
     どちらの基準を優先させるか
     マキシミン原理の考え方
    終章 経済学がめざすこと

    さらに学びたい人のための読書案内

  • 経済学の入門的な本で、「効率」と「衡平」をキーワードに、ひとの福祉とは何か、人々の福祉を高めるために望ましい社会経済システムとはどのようなものなのか、興味深く読めた。

  • 非常に大事なことを論じているのはわかるし、洞察も深いと思う。良書と言える。
    でも、本書が本来伝えたい相手、つまり中高生に、この内容が届くのかな?
    もうちょっとわかりやすくならんかったんか、という気が。

  • 厚生経済学の入門書ということだが、経済学というもの自体に疎い私には相当難しかった。
    効率と衡平という視点と経済システムは人々の福祉を高めるためにあるというのは新鮮でおもしろかった

  • 「ジュニア文庫」なんですが、内容は結構難しい。「経済とは人々の福祉を高めるためにある」という定義のもとで、最善の状態を想定しながらそこに向けて現状を改善していくのが経済の本質であると述べ、具体的な事例について掘り下げています。

    全体を通じて、きちんと内容を理解しようと思ったらじっくり腰を据えて向き合わないと理解しにくい本だと思います。万人向けではないですが、頭をしっかり回転させて経済に関する本を読みたいと思っている方なら「ジュニア」という括りに捉われずにチャレンジしてみても好いかと思います。

  • これはめっちゃ面白かった!
    厚生経済学と呼ばれる初歩的な領域に触れられる良書!
    経済学に使う基本的な数学の知識があればオススメ。

    6章までは一般的な経済学の説明ともとれるが、その土壌の上で展開する7章が新古典派経済学に慣れきった一般的な経済学徒の脳に電撃を放つ。
    そして8章から最終章に到るまで、哲学(倫理学)的でもあり数学的でもある経済学が平易な言葉で説明されており、求めていた経済学ここにアリ!という感想。

    これは経済学を既に学んでいる人に是非とも読んでほしい一冊。

全23件中 1 - 10件を表示

幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)に関連する談話室の質問

幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)はこんな本です

幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする