しあわせに働ける社会へ (岩波ジュニア新書)

著者 : 竹信三恵子
  • 岩波書店 (2012年6月21日発売)
3.77
  • (7)
  • (5)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 70人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007158

作品紹介

長引く不況の影響を受け、若者たちの就職が厳しさを増す一方、働き口があっても苛酷な労働に心身の健康を損ねて退職を余儀なくされる者もいる。誰もがしあわせに働ける社会にするために必要な労働政策とは何か?働く者に必要な知識とは?多くの労働現場を丹念に取材してきた著者が、さまざまな事例をもとに提言する。

しあわせに働ける社会へ (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いま就活中の若い人のことを思い浮かべて読み始めたけど、自分の問題でもあると気付かされた。
    前半はかったるかったが後半に向かって面白くなった。
    何かできるかも、と思わせてくれる。日本版フェアトレードっていいな。和民には行かない。とか。
    この著者好きだな。

  • 第一章を読んで。
    ブラック企業、過労死、不況、未払い賃金、残業といった、働くことに対していいイメージを一つも持たずに就職活動を始めて、これから絶望の世界に飛び込もうとしてゆくのかと暗い気持ちになっていた。働くということについて悪いイメージしか持っていなかった自分にとって、タイトルにある「しあわせに働く」という言葉が心に希望の火を灯した。そうか、しあわせに働いていいんだ、働くってことはしあわせなことなのなのか、と。同時に私はしあわせに働こうという気持ちを持ち続け、しあわせに働くことを、追求していいのだという考えにさせてくれた。今の世の中は、構造的に働くことに幸せを感じることができないようになっているけれど、私はその中でも屈せずにしあわせに働きたいという気持ちを持ち続けてもいいんだし、それを実現するために様々な形で要求していかなければならんのだなと感じた。

    2章から最後までを読んで。

  • 元朝日新聞記者による労働問題を真っ正面からとらえた名著。中高生、大学生向けに書かれたものだが、現在、非正規労働にあえぐすべての労働者が読んでさしつかえない。

  • 推薦者 共通講座 照井日出喜 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50100794&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 著者の姿勢には共感できる。
    特に「雪玉をころがす」という比喩で語られた話題は、夢を追いかけなさい、と無責任な理想論を唱えるでもなく、かといってニヒリスティックに現実を語るでもなく、きわめて穏当でありながら鋭く、元気の出る論考でちょっと感動する。

    ただ高校生向きってことで仕方ないのかもしれないのだけど、まずは景気が回復しないと、たぶん何もはじまらないんだよね。
    だから「こうあるべき」という社会を現実に描くなら、それを実現するための財源をどう確保するか、という話が不可欠なんだと思う。そういう視点、ちょっと盛り込んでほしかったなあ、と。

  • しあわせに働ける社会へ、多くの労働現場を丹念に取材してきた著者が、提言する。
    せめて、過労死などがない社会にしないといけないと思う。

  • 読みやすい。いい本。働くことについて書かれている。就職に失敗しても自分だけのせいじゃないよと思わせます。誤字脱字は無かった。

  • 図書館で借りた。

    若い人へ向けて、働くことと働く環境が今どうなっているかを説明し、その環境を良くしていくのは働く人たちなんだと主張している。

    書き出しや所々にあるエピソードが著書の『ルポ雇用劣化不況』にあるものだった。本書の方がやさしく書かれているので初めて労働の話題に触れるにはいい。
    著者が大学でワーキングプアに触れるような講義をしているときに、学生から「努力をしないから暮らしていけないくらいの給料になるんだ」ということを言われたらしい。それに対し、現在は一定数の人が非正規雇用になる構造になっていると指摘する。
    構造として低賃金の人が出るならば、その人たちも人間らしい暮らしができるように環境を変えていく必要があると説いている。
    仕事をする力を育てるキャリア教育と働き手の権利やルールを学ぶ労働教育を分けて考えていて分かりやすい。
    自立と孤立の差、平等とは何かという点にも触れていた。

  • 労働問題について、とてもコンパクトにまとまっている良著。
    若者の就職難・名ばかり正社員・派遣etc. 社会は落とし穴がいっぱい。
    単に現状を羅列するだけではなく、「落とし穴への対処法を知ることが大事」
    と説く。
    これをきっかけに他の労働関係の本に当たってみよう。

  • 366.021 タ 登録番号9328

全12件中 1 - 10件を表示

しあわせに働ける社会へ (岩波ジュニア新書)のその他の作品

竹信三恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

しあわせに働ける社会へ (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする