動物で読むアメリカ文学案内 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007196

作品紹介・あらすじ

犬のウルフ、バック、チャーリー、猫のプルートー、鯨のモービー・ディック。さてこの動物たちが登場するアメリカ文学は?アーヴィングからスタインベックまで、19〜20世紀の6作品を動物に注目しながら原文とともに楽しもう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 930.29 カ 登録番号9501

  • こういう内容のことを考える機会があって、その時ちょうど新刊で出ていたので購入。

    よいものを残すことについて考える。

    ここで紹介されているアメリカ文学の作品のいくつかは一般的に手に入りにくいものがあり(著作権フリーになるであろうものもあるけれど)、この本をとっかかりにして紹介されている本を読んでみようと思った読者にたいしてほんのちょっと不十分かな、という印象。外国文学の入門書としてあるためにはやはり手に入る本を紹介すべきだとは思うし、ネット上で読めるものがあるのならばそれはためらわず紹介すべきだろうとも思うし、原文を引用しているのならば原著をブックリストに加えるべきかな、とも思う。

    本読みの世界は「いま」縮小しているのではなく広がっているのだ、と思えば入門書としてやれることはもっとあったのでは、とちょっと思ったので。

    それ以外はおおむね満足。やさしい言葉で語られていても、読書の喜びの「キモ」の部分にもきっちり触れていて、ああこの本読んでみたいなあ、読みかえそうかなあ、と思うこと多々あり。

全2件中 1 - 2件を表示

河島弘美の作品

ツイートする