橋本式国語勉強法 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.72
  • (5)
  • (10)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :125
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007264

作品紹介・あらすじ

『「銀の匙」の国語授業』で注目を集める"伝説の教師"が国語の学習法を伝授します。覚えるのではなく考える勉強、詰め込むのではなく自らの中にあるものを引き出す勉強、人生の心の糧となる勉強の喜びを見出しながら、結果として入試にも役立つ、真の国語力を身につけるための学び方です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二男購入。

  •  1968年に刊行された『灘高式勉強法/国語』に加筆修正したもの。

    【版元】
     『〈銀の匙〉の国語授業』で注目を集める“伝説の教師”橋本武先生が長年の教師経験をもとに,国語の勉強法を伝授します.覚えるのではなく考える勉強,詰め込むのではなく自らの中にあるものを引き出していく勉強……,勉強の喜びを見出しながら,真の国語力を身につけるための学び方です.
    https://www.iwanami.co.jp/book/?book_no=223764

  • 立派な先生やのう。
    こういう先生に習いたいし、こういう大人になりたい。

  • 橋本武/著
    “伝説の教師”橋本武が長年の教師経験をもとに、国語の勉強法を伝授。詰め込みではなく自らの中にあるものを引き出す勉強法とは。勉強の喜びを見出しながら、真の国語力を身につけるための学び方がここに。

  • 表紙のデザインから秀逸。日本の古典作品を読み漁ろうと思う。

  • 国語という科目は何となくできてしまっていたので、そんなに勉強した記憶はなかったが、この本を読んで、実はそうではないことを思い出した。もちろん、橋本氏がこの本で述べているようにていねいな学習をしてきたわけではないが、自分の予習ノートの作り方を思い出すと、共通な部分が多かったことに今更気が付く。国語をしっかり身に着けようという優等生な目標からではないが、やはり、教科書というテキスト(テクスト?)を十分楽しみたい、という気持ちは強いものだった、ということだろう。じっくり味わうことの大切さは今でも変わらない。

  • 国語の参考書。たいへん良書である。
    ボブの方向に間違いはなかった…

  • 灘高が東大合格日本一になった68年に「灘高式勉強法/国語」が出版され、苛酷な詰込み式教育としてマスコミの批判を浴びたという。それが40数年ぶりに上梓される著者の喜びが伝わってくる。受験対策ではなく、本物の国語教育・学習はどうあるべきかを考えさせてくれる素晴らしい本だと思う。(マスコミの罪は重い!)現代文の「銀の匙」に限らず、古文は「徒然草」、漢文は「論語」、漢詩、故事成語などを覚えることの味わい深さを教えてくれる。高校生だけでなく広く一般社会人も教養のため、もう一度古典を繙いてみたくなるのではないだろうか。

  • 日本語を無視したり、その勉強を軽視したりすることは自らを卑下することになる。それは耐え難いことであり、日本人としての誇りは、国語を尊重することによって得られる。国語の勉強は生涯ついて回るもの。日本の国語の勉強は誕生と同時に始まっている。

  • 国語はあらゆる教科の基礎となるとわかる

全16件中 1 - 10件を表示

橋本式国語勉強法 (岩波ジュニア新書)のその他の作品

橋本武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ヴィクトール・E...
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

橋本式国語勉強法 (岩波ジュニア新書)はこんな本です

橋本式国語勉強法 (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする