ハンドブック 原発事故と放射能 (岩波ジュニア新書)

著者 : 山口幸夫
  • 岩波書店 (2012年11月21日発売)
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007271

作品紹介

福島第一原発の原子炉は「格納容器の小ささが重大な欠陥になる」と技術者が警告していたマーク1型だった。日本の原発には同じタイプが多い。今回の事故の実態、構造の欠陥、制御の困難さを述べ、放射能と被曝、エネルギーについての基礎知識を解説する。事故からこれだけはしっかりと学んでおきたい。

ハンドブック 原発事故と放射能 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  福島原発事故を起因としたニュースが今でも立て続けに報道される。今でも事故は終わっておらず、むしろその状況は事故後よりもさらにひどくなっていることを日に日に感じている。
     事故から3年以上経ち、改めて原発についての認識を整理するためにこの本を手に取った。一つ一つの事柄を丁寧に説明してくださる著者の文体からは読者への限りない良心と事故への怒りを感じ大変好感が持て勉強になった。原子炉の仕組みから放射能の基礎知識、原子力の歴史、被曝とは何か、そしてエネルギー効率について、それらがたどってきた歴史をまぜなが丁寧に説明されていた。
     特に第二章と第三章が勉強になった。
     

  • 基礎の基礎を勉強したくて、まずはジュニア新書を読んでみた。さすがに入りやすく、わかりやすい。
    でもまだまだ知りたいこと、知るべきことが多い。多くの角度から勉強してみたい。

  • 資料番号:011500469
    請求記号:543.5/ヤ

  • 『福島第一原発事故がいつ収束するか見通せないまま、いまだつづいているなかで   2012年11月』

    はじめに、から。
    20世紀の科学が生み落した放射能と放射線を、知らないといってすますわけにはいかない時代になりました。そのことを知るために、本書がいくらかでも役立ってくれることを願っています。
     
    背表紙から。
    福島第一原発の原子炉は「格納容器の小ささが重大な欠陥になる」と技術者が警告していたマークI型だった。日本の原発には同じタイプが多い。

    これから生きていく高校生、これから生活し、生きていかなくてはいけない高校生に。

全4件中 1 - 4件を表示

山口幸夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
佐々木 圭一
三浦 しをん
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

ハンドブック 原発事故と放射能 (岩波ジュニア新書)はこんな本です

ツイートする