美術館へ行こう (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.35
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007370

作品紹介・あらすじ

個性的な展覧会や多彩なワークショップは、どのようにつくられているの?学芸員は何をするの?美術館の表の仕事から舞台裏、さらにはその楽しみ方までを、現役の学芸員でもある著者が、豊富な写真を交えていねいに解説、芸術と人の出会いを橋渡しする美術館の魅力を堪能できる一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は平塚市立美術館の館長。館長を務めることになってからの、市立美術館の学芸員としての仕事内容や来場者数アップへ向けた取り組み、美術館の社会教育の場としての存在意義についての考察が書かれている。
    最近の美術館の予算削減に伴う活動内容の変化や市民参加型ワークショップの企画内容など、老若男女すべての人に美術に親しんでもらおうとする学芸員の奮闘が本人の感想付きで書かれているのが新鮮で面白かった。

    美術館という箱モノを作るのはいいけど、作った後に運営し続けるお金は出してくれないから、やりくりはどこも悩みの種なんだなぁとなんとなく苦労を察することができる。

    学芸員が出張が多いって言うことも初めて知ったし、作品を貸し出してもらうために交渉術も必要、さらに作品展を行うにあたって、その知識や背景まで学ぶ…。
    学芸員の資格を取るのは簡単だけど、学芸員として就職するのはかなりの狭き門らしい。それを聞いたら納得だよねぇ。

    作品の横にある説明書、キャプチャの内容や展示品の配列、照明など、展示会の一つ一つに学芸員の考えたものが反映されていると思ったら、今度行ったときにはもう少し展示会の全体に注目してみようかなと思った。

  • 2015 12/12

  • 『美術館へ行こう』は、神奈川県平塚市にある、平塚美術館の館長さんが書いた本です。
    普段、美術館がどのような仕事をしているのか、また色々な人たちに芸術に親しんでほしいと工夫をしているのがよくわかる1冊です。
    大分県にも県立美術館が出来ました。
    この本を読んだら美術館に行ってみたくなるかも!

  • 美術館が好きな自分にとって、バックヤードツアーなるものがあるのには非常に興味を覚える。

  • S706.9-ジユ-737 300361557

  • 文がわかりやすくて読みやすかった。
    ワークショップ、学芸員の仕事など。

  • 平塚市美術館の館長が、
    美術館の意義、目的を分かりやすく
    解説したもの。
    ジュニア新書なので、基本的には、
    学生向けの書籍ですが、
    大人にも十分な内容です。

  • 登録番号10106 分類番号706.9 ク

  • 非常によくまとまっている。うまく整理した感じ。新しい情報はない。美術館を仕事場にしたい人向けかな。

  • 学芸員による「学芸員はこんな仕事してるよ」という仕事紹介本。

    作品の管理や、展示を企画してから実際に開催するまでの流れなど美術館の裏側がみれる。

    新鮮だったのは、日本画と西洋画の違いについての話。
    日本画は西洋画と異なり、絹や紙の上にニワカでといた絵具でかいている。そのため、長期の展示に耐えうるだけの強さがないそう。
    日本画の企画展が日本を巡回することってあまりきかないのはこういうわけなのかな。

全11件中 1 - 10件を表示

草薙奈津子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
冲方 丁
西 加奈子
冲方 丁
三浦 しをん
池井戸 潤
西 加奈子
又吉 直樹
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

美術館へ行こう (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする