大学で大人気の先生が語る〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学 (岩波ジュニア新書)

著者 : 佐藤剛史
  • 岩波書店 (2013年6月21日発売)
3.74
  • (5)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007479

作品紹介

「自身がない」「傷つきたくない」「人にどう思われているか気になる」「進路が決められない」「コンプレックスがある」「学歴は必要なの?」「楽にお金を稼ぐ方法は?」…。ユニークな授業で大人気の著者が渾身の力で書き上げた、学校では教えてくれないけど、大人になる前に読んでおきたい自立のための本。

大学で大人気の先生が語る〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文字と言葉を使うことができる動物でよかったなあとしみじみ思うことがある。
    なにかを見たり感じたりして、あれこれ思い巡らすとき。
    何かを書き留めて、思いを人に伝えようとするとき。
    そして、自分がつねづね思っていながらもしっくりとくる言葉を見つけられずにいたことを、ぴたりと表現されているのを読んだとき。
    言葉や文字を持たないとしたら、頭の中で膨らんで自分の中からあふれてしまいそうな思いや考え、感情をどうやって納得させられる形で落とし込めるんだろう。

    岩波ジュニア新書では家庭科教員である南野忠晴氏の「正しいパンツのたたみ方」もとてもよかった。
    本書も大学の先生が中高生の質問に答える形で書かれていて、自分がかつて辿ってきた学生時代も重ねつつ、平易な言葉でありながらも伝えたい熱い意志が感じられる。

    読んでいると、ずい分前に中高生だった自分もはっとさせられ、逆に歳を経た今だからこそ味わい深い言葉も多く、付箋だらけに・・・。

    正々堂々と生きる(P36)
    成長を喜びに感じる。成長には挑戦が不可欠。失敗しても、その失敗が成長につながる(P42)
    リスクテイクする覚悟、挑戦する勇気、失敗しても立ち上がる力、あきらめない心が人生には必要(P58)
    人の夢を全力で応援する(P66)
    出会いを本気で大切にする。目の前にいる人を全力で大切にする(P72)
    続けること(P76)
    社会があなたを支えていることを忘れてはいけない(P83)
    成長し続けるとは、学び続けること(P84)
    友達が一生懸命やっていること、真面目にやっていることは精一杯応援する(P118)
    言葉が人格を作る。言葉が人生を作る(P120)
    長所は人を助けるためにある。短所は人に助けてもらうためにある(P141)
    お金を稼ぎたいのであれば、あなたにしかできない力を身につけ、あなたにしかできない仕事をして、どれくらいの人をどれくらい幸せにできるか(P150)
    何を買うか、何を食べるか。社会の在り方を決める選挙の一票と同じ(P156)
    素敵な大人に出会う(P199)
    目の前にいる人をしあわせにする(P205)
    選択を意識できる人生に後悔はない(P211)

    こうやって記してみると、ありきたりな言葉に思えるかもしれないが本書の中では納得のいくエピソードと共に語られ、すんなり心に響いてくる。
    人の心を支え、共感を得る言葉というものは存外シンプルなもの。

    私が最も心に深く刻んだのはこれ。
    『目の前にいる人を全力で大切にする』

    3月になり、今年度もなんとか収まりそうに先が見えてきた。
    となれば、次年度に向けて気持ちも新たに前向きになってくるというもの。自分の至らなかったところを改善したいと反省もする。
    このくらいでいいかと妥協せずに、全力を尽くそう。
    必ずそうしようと、そっと心に誓う。

  • 63の質問に答える形式の中で、分かりやすい文章で書かれています。
    しかし、グイグイと惹きつけられて、あっというまに読了です。
    学生読者を意識した文面ですが、子育て世代の私の心にも多くの言葉が残りました。
    そのうちいくつかを紹介させてください。

    “他の人と比べての成功より、自分と比べての成長”
    いつだって誰だって成長のための努力は可能です。

    “「世の中には、役に立たないと分かっていても、自分が嫌いなこともやらなければならないことがある」ということを知ることは学び”
    よく娘に「学校生活や部活では理不尽なことを受け入れることも必要」と伝えていますが、ストンと腑に落ちる瞬間でした。

    “お金は稼ぐよりも使う方が難しい”
    お金の使い方が自分の人生を変える・・・稼ぐことを目的にすることの寂しさを感じました。

    “「納得」し「もう一度選択する覚悟」”、“昨日という一日をやり直すことができるなら、昨日と全く同じ一日を過ごす”
    強くて太い言葉ですね。背筋が伸びます。自分の弱い部分に負けない、一瞬一瞬の大切さ。

    まだまだ多くの刺激、気付きを与えてくれる書籍です。

  • 大人にも学生にも共通する心構えだと思います!学生の内に読みたかった!とも思いましたが、今の自分にとっても読むことができて良かったです。読みやすく、スーッとメッセージが伝わってきます。

  • ジュニア新書は大人が読んで丁度良いくらいの本もあるので、手に取ることが多い。
    この本については、進路を決める頃の高校生が読むと良いのかと思う。

  • ジュニア新書で読みやすい。
    自分の挫折を例に取りながら語るので、受け入れやすい。

  • 自分のことから知り、どうすれば自立できるのか、わかりやすくまとめてあって、勉強になる本です。また、学校では教えてくれないようなことも書いてあってためになります。

    九州ルーテル学院大学:さくらいも

  • 九大農学部助教の佐藤氏。

    きれいな正論。ほぼ同意できる。

    中学生や高校生,大学生はこれを読んでどう思うのだろう。なるほどがんばろう!orうるせぇorそんなわけない・・・・

    そもそもこういう本を手に取らない気もする。

    投資と消費という記事
    素でいられない大学生の記事

  • 岩波ジュニア新書だから、読みやすいし、若者へのアドバイスも説教くさくない。
    高校生に読んでほしい本。 

  • 大人が読むともっともなことが書かれている。子どもたちに勧めたいが、親が勧めて読ませるというより、自分で出会ったほうがいい本だろう。

  • 「お弁当の日」でおなじみの九州大の佐藤先生が書いた人生相談。質問者は高校生。私の娘も高校生だけにグッと感銘を受けるフレーズが盛りだくさん。星3つ。

全12件中 1 - 10件を表示

大学で大人気の先生が語る〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学 (岩波ジュニア新書)のその他の作品

佐藤剛史の作品

大学で大人気の先生が語る〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学 (岩波ジュニア新書)に関連する談話室の質問

大学で大人気の先生が語る〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学 (岩波ジュニア新書)はこんな本です

大学で大人気の先生が語る〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学 (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする