パワハラに負けない!――労働安全衛生法指南 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007585

作品紹介・あらすじ

職場でのいじめや嫌がらせから、自分を守るにはどうしたらいいの?誰もがイキイキと働ける社会にするにはどうしたらいいの?数々の労働事件や若者の労働相談にのってきた著者が具体的なケースをもとにアドバイスする。あわせて働く人を守ってくれる労働安全衛生法についてもていねいに解説。『労働法はぼくらの味方!』に続く、働く人を元気にする一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 分かりやすいし、こういう弁護士さんにはもっともっと頑張ってもらいたい。
    ただ、労働組合に入っていないからパワハラの証言ができないみたいな描写にはピンとこなかった。

  • よみやすい

  • わかり易さを追求し小説仕立てになっているのはジュニア新書らしくてよいのだが、次々と問題解決してしまってファンタジーとも思えるほど話が出来すぎているのが難点。(弁護士事務所でパワハラが起きてしまうという展開は面白い)
    弁護士と組合が果たしてここまでうまく連携するものだろうかという疑問もある。少年小説と思えば目くじら立てる事もないのだが。

  • 366.3||Sa

  • 分かりやすくて、大変良いと思います。
    パワハラとは職場の一番弱い所に向かう加害の現象です。逆に言えば、職場の中でそれなりに立場や力のある人に対しても出来るような言動だけとっていれば、パワハラにはなりにくいのです。
    業務上の不満があって注意をするなら、相手が反問出来るような雰囲気を作る必要があります。何より注意の時点で、相手にどのようにして欲しかったのか、これからどのようなことをして欲しいのか、その具体的な内容を示しながら注意するようにすると良い。

全5件中 1 - 5件を表示

パワハラに負けない!――労働安全衛生法指南 (岩波ジュニア新書)のその他の作品

笹山尚人の作品

ツイートする