ヨーロッパがわかる――起源から統合への道のり (岩波ジュニア新書)

著者 : 明石和康
  • 岩波書店 (2013年12月21日発売)
3.13
  • (0)
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007615

作品紹介・あらすじ

古代ギリシャからローマ帝国、十字軍、大航海時代、ルネサンス、フランス革命、二つの世界大戦、東欧民主化…、そして現在のEUへと至るヨーロッパ形成の過程をたどります。ユーロ危機をはじめ、様々な困難を克服しながら統合への努力を続ける欧州の歴史と今を描きます。

ヨーロッパがわかる――起源から統合への道のり (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ‹内容紹介より›
    古代ギリシャからローマ帝国、受持軍、大航海時代、ルネサンス、フランス革命、二つの世界大戦、東欧民主化……、そして現在のEUへと至るヨーロッパ形成の過程をたどります。ユーロ危機をはじめ、様々な困難を克服しながら統合への努力を続ける欧州の歴史と今を描きます。

    ーーーー
    途中から、流し読みに切り替えてしまいました。
    「なぜ」そうなったのか、というところの記述も足りないように感じましたし、省略されている部分も多かったためか、唐突に人物が登場し、気づいたら時代が100年単位で進んでいる、という感じでした。
    もちろん「地球史」的な視点も大切なのだと思いますが、そういう意図というわけでも無さそうで……。
    「ヨーロッパは難しい」という印象を持っただけになってしまったように感じます。
    社会科を専攻していた身としては恥ずかしい限りではありますが、世界史の教科書の方がよほどわかりやすいと思ってしまいました。

  •  この1冊でなんとなーく『ヨーロッパがわかる』。
     紀元前の古代ギリシャから、二度の大戦、現代のEU事情まで、ヨーロッパがたどってきた歴史がコンパクトにまとめられています。ヨーロッパの入門書としておすすめです。
    (YA担当/ぽんこ)平成28年5月の特集「ヨーロッパを知る」

  • 本当は、もっと昔に焦点を当てた本を読みたかったのですが、いつも利用している図書館で目に付いたので、借りて読んでみました。

    ヨーロッパが離合集散を繰り返してきた流れについて、わかりやすく説明した本です。
    とくに、近代以降の戦争がヨーロッパの離合集散に与えた影響について、詳しく説明してあります。

    今後、ヨーロッパは、一体化の方向へ進むのだと思いますが、そのためには、今以上に強いリーダーシップを発揮できる人が必要ですね。
    そういう意味では、ヨーロッパの一体化は、若干、脆弱な方向性のような気がしました。

  • 個人的に気になったのは近現代史。第二次世界大戦とどう向き合ってきたか。

  • 近代に重点を置いているが、ギリシア・ローマから現在ユーロまでの流れが明確になる。とてもバランスがいいと思う。もう一回読みたい。201410

  • ざっと掴むにはいいかな。

  • ★記憶を素通り★どこかの書評で評判が良かったが、書きぶりが平板で全くアタマに入ってこない。

  • 登録番号:10979 分類番号:230ア

  • 起源から統合への道のり~前半:ギリシア・ローマ帝国・十字軍・大公開・ルネサンス・フランス革命・世界大戦・東欧民主化。後半:ECSC・ECC・EURATOM・EFTA・EC・EU・・・サブプライムローン,リーマンショック・ユーロ危機~東大の西洋史学科を出て時事通信社に入り,ブラジルからパリに渡り,ヨーロッパ統合を見てきた。定年を迎えて,解説委員の立場。前半は,しょーもない世界史の教科書の要約でしたよ。まあ,中学生・高校生向けだからかなぁ

全10件中 1 - 10件を表示

ヨーロッパがわかる――起源から統合への道のり (岩波ジュニア新書)のその他の作品

明石和康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

ヨーロッパがわかる――起源から統合への道のり (岩波ジュニア新書)はこんな本です

ヨーロッパがわかる――起源から統合への道のり (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする