英詩のこころ (岩波ジュニア新書)

  • 26人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 福田昇八
  • 岩波書店 (2014年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007646

作品紹介

唱歌「蛍の光」は知っていますね。では、そのメロディーで歌われる英詩をご存じですか?「忘れられようか幼なじみ」ではじまるバーンズ作「遠いあのころ」です。愉快なうた、恋のうた、かっこいいうた、これぞsadといううた、…。名文句の宝庫である英詩を、まず原文のひびきを伝える訳詩で、つぎに原詩を、声を出して味わってみませんか。

英詩のこころ (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【目次】

    1 こんな愉快な詩がある  
    「言っておくけど」ウィリアムズ,「麦畑」バーンズなど

    2 前を向いて生きよう!  
    「人生賛歌」ロングフェロー,「虹」ワーズワスなど

    3 もし,こんな風にくどかれたら  
    「羊飼恋歌」マーロー,「内気な恋人へ」マーヴェルなど

    4 かっこよさの極み  
    「ギリシャの島」バイロン,「歌」ロセッティなど

    5 これぞsad  
    「ヘレンへ」ポー,「おだやかに逝くなあの夜へ」トマスなど

    6 これぞsweet  
    「時は春」ブラウニング,「星」テイラー

    7 悠々たる語り口を楽しもう  
    「赤十字騎士のドラゴンクエスト」スペンサーなど

    作者別原題索引


    【訳者】
     福田 昇八(ふくだ しょうはち)
    1933年生まれ.東京大学文学部英文科卒業.文学修士.熊本大学名誉教授.日本スペンサー協会会長.専門は英文学.著書に『イギリス・アメリカ文学史』(南雲堂),『語学開国』(大修館書店),『ビートルズの心』『ロックの心』『スペンサー名詩選』(以上,共著.大修館書店)など,訳書に『スペンサー詩集』(筑摩書房)などがある.


    以上、出版社ページから。
    http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/index.html

  • 和訳がよい。

  • 登録番号:10931 分類番号:931フ

  • [図書館]
    読了:2014/6/10

    訳詩としてはそんなに…五・七で整ってるからといって心に響くとは限らないんだな、と思った。

    原詩が一部しか載ってなかったり、押韻についての注記があったりなかったり、その注記も本文中にダラダラと書いてある場合と注釈形式の場合と混在してて読みにくかったり、「名句部分は太字」の基準が分からなかったり、編集者が手を抜いてる印象が残った。


    勉強になった点。

    英語の定型詩というものは、押韻だけでなく、一行の音節の数も揃えるものだということを初めて知った。
    Out of Dust とかも実はそうなってたのかな。

    ゼロの焦点のラスト、
    In her tomb by the sounding sea.
    とどろく海辺の妻の墓
    が、エドガー・アラン・ポーの「アナベル・リー」だと初めて知った。

    the place I belong というフレーズが出て来て、すごく久しぶりにCountry Roads を聞いた。

全4件中 1 - 4件を表示

福田昇八の作品

英詩のこころ (岩波ジュニア新書)はこんな本です

ツイートする