憲法読本 第4版 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007684

作品紹介・あらすじ

"憲法がはっきりと認めていることがらについて、憲法がはっきりと認めている方法でしか、権力者は政治を行うことができない"という立憲主義の解説から始まる、日本国憲法の定評ある入門書の最新版。現憲法は、近現代における人類の苦しみを克服しようとする原理・原則をもつ。人権保障、権力の民主化、平和主義など、その考え方を深く学ぼう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ジュニア新書」とあるが、大学の一般教養レベルの「憲法」のテキストで使われてもおかしく無い内容。憲法学界でも護憲派の学会と改憲派の学会があるが、著者は間違いなく前者に属していたと思う。そのせいか、「理想はそういきたいんだけどねぇ…」と感じる記述が多かった。

  • 登録番号:11069 分類番号:323.14 ス

  • I 現代社会と立憲主義
    1 現代のリバイアサン
    2 立憲主義のあゆみ

    II 日本の立憲主義のはじまり
    1 明治憲法の誕生
    2 明治憲法はどんな特色をもっていたか
    3 明治憲法はどのように運用されたか

    III 日本国憲法の制定
    1 日本国憲法の誕生
    2 日本国憲法の制定はどのような意義をもっているか

    IV 日本国憲法のしくみ
    1 戦争の放棄
    2 基本的人権の尊重
    3 国民主権と議会制民主主義
    4 権力の分立
    5 地方自治の保障
    6 象徴天皇制について

    V 日本国憲法はどのように運用されてきたか
    1 解釈改憲の政治
    2 明文改憲を求める政治
    3 「二頭立ての馬車」の要因

    VI 日本国憲法を国民の手にー主権者・国民の出番

  • ※読書メモ参照

  • 日本国憲法の成立とその概要について、大変わかりやすく書かれている。事あるごとに読み返してみたい1冊。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

杉原 泰雄(すぎはら やすお) 1930年, 静岡県に生まれる. 1961年, 一橋大学大学院法学研究科博士課程修了. 現在, 一橋大学名誉教授, 駿河台大学名誉教授. 主著:『第4版 憲法読本』(岩波書店, 2014), 『憲法と公教育』(勁草書房, 2011), 『憲法と資本主義の現在』(勁草書房, 2010), 『新版体系憲法事典』(編集代表, 青林書院, 2008), 『憲法と資本主義』(勁草書房, 2008), 『地方自治の憲法論』[補訂版](勁草書房, 2008), 『憲法と国家論』(有斐閣, 2006), 『憲法の「現在」』(有信堂高文社, 2003), 『憲法を学ぶ 第4版』(共編, 有斐閣, 2001), 『恒久世界平和のために』(共編, 勁草書房, 1998), 『日本国憲法史年表』(編集代表, 勁草書房, 1998), 『憲法の歴史』(岩波書店, 1996), 『憲法問題の見方』(弘文堂, 1995), 『民衆の国家構想』(日本評論社, 1992), 『人権の歴史』(岩波書店, 1992)など。

杉原泰雄の作品

ツイートする