5アンペア生活をやってみた (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.56
  • (5)
  • (13)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 98
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005007844

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか面白かった。
    どんな苦行かと思いきや案外普通の、まあまあ快適そうな生活。自慢するわけでもなく布教するわけでもなく、自分の信念に則って生活を工夫している著者は好感度が高く、応援したくなりました。

  • すごいなと思いましたが実際は少し前の生活をしているんだなって微妙な気持ちになりました。
    自分も実践したいとは思いませんが、確かに無駄が多い世の中になっているんだなってしみじみ思いました。

  • 使わない家電(10アンペア以上)
    エアコン、電子レンジ、トースター、炊飯器、ドライヤー、掃除機

    毎月の光熱費を記録する

    電気会社に電話して5アンペア契約に変える

    ワットチェッカーで電気を見える化

    節電のエース 扇風機
    布団の上にゴザをしく

    ホームセンターで夏は清涼グッズ、冬はあったかグッズ
    断熱シート

    鍋でご飯を炊くのは超簡単

    最後まで残った家電
    ・洗濯機
    ・温水洗浄便座

    洗濯機は手動で、すすぎを1回にし、脱水時間を6分から1分にする。したたるほどの水気ではなく、重い分干すだけでシワが伸びる。
    温水洗浄便座は使う時だけ電源を入れる。

    冬の暖房代わりは、豆炭あんか

    ソーラーパネル 自作、で検索
    金属で固定しないと落下の危険
    発火の危険もあるので要注意

  • 2012年の朝日新聞生活面に掲載された5アンペア生活体験を、実践した記者自らまとめたもの。
    家電は熱を出す仕事が苦手。掃除機は無理な仕事で、息で吸うのと手で払うので考えると理にかなわない動きだとわかる。自動の掃除ロボットの働きぶりは無駄が多く、効率好きの人には見ないほうが心の平穏のため。など、参考になる経験が書いてあります。

  • なかなか面白かった

  • 普段当たり前に使ってる電気を「余っている」と思っていませんか。「省エネ」と言っても、電気を意識的に我慢して使うことは、まだ少ないと思います。新聞記者である著者は、取材を通して「省エネ、エコとはなんだろう。」と強く思い、ついに電力会社の電気に極力頼らない5A契約の節電生活に挑戦し、無理せず快適な創意工夫のある「普通の暮らし」を実践しています。

  • 生活を見直すための「5アンペア生活」は理解できる。が、DCモーターの扇風機のような複雑なものでなくても普通の扇風機で十分節電できて良いと思う。最後の太陽光発電はそのものを作るために費やされるエネルギーや物質のことを考えていない気がする。

  • 勤務地の福島で被災したことから始めた5アンペア生活。
    数値化することで、現実的に、効率よく電気を節約していく道が見えてくる。
    どうやって5アンペアにまでたどり着いたのかが、
    ちゃんと実践して記録されているので、
    いきなり5アンペアは無理としても、
    自分でできそうなことを取り入れるだけでも、
    世の中変わるかな?と思えてしまう。
    冷蔵庫をやめたくだりはちょっと感動。
    でもさすがにそこまではできないよなあ~。
    扇風機の偉大さにも目からウロコ。

  • 力作。
    著者の生活を尊敬する。
    5A契約があることを知らなかった。
    今の日本人は、贅沢になり過ぎた。
    わかっているけど、止めるのは難しい。
    でも、意識はしたい。

  • 『本気で5アンペア』を中高生向けに~電気を使うために特定地域の人に犠牲を強いているが嫌になり,なるべく電力に頼らない生活をしようと決意。生活文化家庭畑の女性記者に5アンペアの契約があると聞いて,渋谷のアパートで,エアコン・炊飯器・ロースター・電子レンジ・掃除機・トースター・コーヒーメーカーなしの生活を始め,夏は扇風機が活躍。冷蔵庫も止めた。名古屋に移って豆炭行火が活躍。2014年3月24日に7歳年下のアキさんと結婚し,ドライヤーと冷蔵庫・エアコンは必須と考えていたが,導入せずに使用量は5キロワット時で210円。「楽しい?」と聞くと「楽しくない」と。「つらい?」と聞くと「ううん。全然,つらくない」だって!~1974年小金井市生まれ。大学在学中に新疆大学に留学。1999年中大総合政策学部卒。海外ドキュメンタリー番組制作会社に勤めるが,2004年朝日新聞社へ。盛岡総局勤務後,横浜総局,郡山支局で震災に遭う。本社勤務を経て名古屋報道センターへ…という経歴でした。はい,良い奥さんで良かったね。奥さんは横浜の福祉施設で働いていたらしいけど,働きに出ているんでしょうね

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1974年 東京都生まれ。
1999年 中央大学総合政策学部卒業。
海外ドキュメンタリー制作会社テムジン入社。
2004年 朝日新聞社入社。
 郡山支局、文化くらし報道部などに勤務。
現 在 名古屋本社報道センター社会グループ所属。
5アンペア暮らしの連載記事が大きな反響を呼んだ。

斎藤健一郎の作品

5アンペア生活をやってみた (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする