ファッション・ライフの楽しみ方 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.09
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005008025

作品紹介・あらすじ

ファッションにはオンとオフの2つのスイッチがある。オンに挑戦すると学校生活が前向きになる。オフを充実させると放課後の楽しみが増える。時と場所に応じてスイッチを切り替え、ちょっと大人な自分になってみよう。部屋着からスーツまで、高校生からのメンズスタイル。『ファッション・ライフのはじめ方』のステップアップ編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろいろ有益な情報が載ってはいるのだが、タイトルに「男子のための」という情報は入れておかないと、ちょっと詐欺っぽい感じもしてしまう。(たぶん著者に責任はない)

  • 50歳の私。
    30年前に読みたかった。アイビーなんだかわからず、ビームスを知らなかったなかったあの頃。

  • 男子向けのファッション指南書。第2弾。普段着ているアイテムの由来も紹介されているので、凝り症な男子にはいいのかなと思います。

  • 思い返せば中学2年生ごろからオシャレに目覚めた私であったが、センスはイマイチだった。
    原宿に初めて行ってみたはいいが、人の多さに驚き、髪型も決まらない、生まれつきの近視で乱視だったために可愛くないメガネ。
    お小遣いは少ないし、ファッション誌は恥ずかしくて買えない.....
    と、もがいていた時期であった。
    本書は男子学生向けではあるけれど、ファッションの基礎が載っていて、もし、当時読んでいたら、あんなに迷走しなくても済んだのに、と女子学生だった私は思う。

    いまは本当に恵まれていて、雑誌を買わなくてもネットで情報は入ってくるし、ファストファッションは安くてオシャレ(ZARAやH&Mは大好き!)。
    小学生だってびっくりするくらいかっこいい。
    でも、きっと、そんなオシャレな人ばかりではない。
    無難にまとめようと思っても、なんか地味、なんかダサい、力入りすぎ.......
    そんな迷える子羊には先ず、この一冊。

    ストリートファッションは4種類に大別できる。
    トラッド、ロック、フォークロア、カジュアル。
    この変遷を見ていると、ファッションとは実は奥深いことに気づかされる。
    少しずつ変化させながら、古い物にも立ち戻り、そこから新しい物を作り出す。
    でも、難しいことではない。
    いいな、と思った物に対する知識を持ち、他人の意見も取り入れていくことで、自分自身が変わっていく。
    これってとても面白いことじゃないか!

    私がとても面白いと思ったのは日本初来日が話題となったコンチータ・ヴルストのイラスト。
    本物もなかなかにインパクト大なのだが、ジェンダーレス、ボーダーレス、これが今の時代を表していて面白い。
    歳をとればとるほど、過去の栄光や自分の中の普通に固執してしまいがちだ。
    もちろん流されない部分もあって当然だが、流れに乗ることで他人を認め、理解する場面も出てくる。
    それを頭のどこかに置きつつ、自分らしいファッションを楽しみたい。

全5件中 1 - 5件を表示

高村是州の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野 不由美
辻村 深月
辻村 深月
北野 武
又吉 直樹
ピエール ルメー...
中村 文則
川村 元気
桜木 紫乃
佐々木 圭一
高野 和明
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする