上野公園へ行こう―歴史&アート探検 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.14
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005008032

作品紹介・あらすじ

上野公園=西郷さん+パンダは模範解答。合格大仏+ハシビロコウは1歩ディープな解答です。動物園の人気者はゾウにゴリラにホッキョクグマにアイアイたち。日本ではじめての公園には、歴史も建物もアートも動物も植物もふんだんにあります。この本を持って、1歩も2歩もディープな上野公園探検をしてみませんか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今度、上野公園に行くので少し歴史を勉強。上野は地下鉄銀座線や駅伝発祥の地なのを初めて知った。

    また、上野の寛永寺には徳川吉宗など六人が眠っており、増上寺には秀忠含む六人。日光には家康と家光の二人。慶喜のみ寛永寺の谷中に眠って入る。それぞれの人間関係や色々な事情があるみたい。

    話は変わって公園内にある大仏の顔はもう落ちないから合格大仏だったり、彰義隊は実は浪人の集まりで幕府の非正規軍だったりと、へぇーと思わせてくれる一面があった。

    JR上野駅についても書かれており、国鉄時代鉄道弘済会が実はキヨスクの元祖の売店をここで初めて運営し、昔、鉄道車両は人力で連結などを行なっていたため重傷を負う人が多かった。その家族や遺族が働いていたのがキヨスクだったとのこと。ちなみに現在は国鉄の分割民営化で分離している。

    アメ横はアメリカの物資を販売する意味と飴屋横丁から来ていることも知らなかった。当時はアメ玉がよく売れて店がどんどん増えたらしい。

    この本を読むと上野は他にも東京芸大があったり公園内に動物園が存在したりと、どの時代においても色んな人が集まるモザイク模様の多様な街だと感じた。

  • 上野公園に数多くある文化施設の歴史、背景など詳しく解説してある一冊。じっくりと上野公園を楽しむには最適でした。
    江戸から幕末、明治、大正、昭和と、愛されてきた文化の街だと感じます。

  • 10分読み。子ども向け。

  • ジュニア新書・副題「歴史&アート探検」~序(日本初めて)地下鉄・駅伝・モノレール・競輪・公園制定・ソメイヨシノの命名・市電・エスカレーター・教育博物館・内国勧業博覧会1江戸の名残・旧寛永寺本坊表門・東照宮・五重塔・葵の間・徳川霊廟・清水観音堂と月の松2天海と寛永寺・寛永寺・天海対徳川幕府・江戸名所上野・虫塚・四代将軍の鐘・彰義隊の大石碑・了翁と錦袋円と勧学寮3合格大仏になったわけ4明治の名残5西郷さんと彰義隊6二つの上野駅7美術館を巡ろう・国立西洋美術館・上野の森美術館・東京都美術館・東京藝術大学大学美術館・黒田記念館8博物館探検・東京国立博物館・国立科学博物館・上野動物園・東京文化会館~この人は慶應義塾大学を出て,東叡山現龍院住職をしている,寛永寺の長臈。台東区の文化財保護審議会委員も歴任している。上野を愛する人達に書かせた後半が嫌な感じ。自分で書けば良いじゃん! 1937年生まれで,79歳だから許してやるか! 4月に上野動物園に行ったときに,五重塔周辺に立ち入れましたけど,この本では立ち入り禁止と書いてある…どういうことだろう。博物館がどん詰まりだと考えていたが,その裏手に寛永寺が残っているので行ってみる価値はあるね。国立で科学と名の付く博物館は上野だけ!と読んだ…あれ,科学技術館は?…あれは公益財団法人が運営しているのでした。船の科学館は?…財団法人日本船舶振興会でした!

  • 歴史編、アート編の二部構成のうち、歴史編は読み物として比較的読みやすかったが、アート編は工夫はしてるものの教科書的な文体で読みにくかった。

    上野に行くときの楽しみは増えた。

全5件中 1 - 5件を表示

浦井正明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東山 彰良
冲方 丁
東野 圭吾
山田 宗樹
西 加奈子
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする