ジャーナリストという仕事 (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005008223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この人はいい人で正義感にもあふれているんだろうなあと好印象は抱くのであるが、「権力の監視」が容易に「なんでも反権力」に行ってしまう危うさもまた感じる。
    総論賛成各論反対みたいな本。

  • ジャーナリストはとても曖昧な職業。誰もでなれる。名乗れる。でも社会的に認めてもらわないと、雑誌や新聞では使えない肩書。
    基本的な仕事は人に話を聞き、資料を読み込み、よく考えて、文章をまとめること。ジャーナリストの役割は権力のチェックが最大にして最低限の機能。起こってる現象の表面だけをなぞっていても、そのことにどんな意味があるかは見えてこない。それまでの取材や勉強の積み重ねで培った独自の価値判断基準に従いながら、見聞きした出来事の名にがどう問題なのかを明確にして、だからこそ伝えるという姿勢を持つことが必要になる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト。1958年東京生まれ。早稲田大学商学部卒業。英国バーミンガム大学修士(国際学MA)。新聞記者、週刊誌記者を経てフリーに。さまざまな社会問題をテーマに精力的な執筆活動を行っている。『「心」と「国策」の内幕』(ちくま文庫)『機会不平等』(岩波現代文庫)『消費税のカラクリ』(講談社現代新書)『戦争経済大国』(河出書房新社)など著書多数。『「東京電力」研究 排除の系譜』(角川文庫)で第三回いける本大賞受賞。

「2018年 『日本が壊れていく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤貴男の作品

ツイートする