方言萌え!?――ヴァーチャル方言を読み解く (岩波ジュニア新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005008452

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔、若者の間で方言ブームがあったころ、この手の話を大学のゼミであつかったので、懐かしいなぁと思いながら読んでいました。
    だからこそ、内容の薄さが気になりました。
    方言の危機あたりの話は面白く、方言が恥ずかしいものとされていた当時の様子がよく分かりましたが、あとはドラマをそれなりに知っていて、ネットをやっていればある程度予測の着く内容です。
    もう少し研究者的目線が欲しいところ。

  •   方言がいろいろなところで使われる時代になっている。昔は方言を使うのは恥ずかしいと思っていた時代もあったことを考えると隔世の感がある。



      そんな中で「リアル方言」と「ヴァーチャル方言」があると著者は述べている。前者は、文字通り日常生活で実際各地で人々が使っている方言を指す。後者は、「なんちゃって方言」、「ジモ方言」あるいは「ニセ方言」といった具合に本来持っていた地域とのつながりから離れた状態を指す。



      地元民でもないのにキャラづくりのために「なんでやねん」などの方言を使うことがあると指摘している。今の時代、いろいろなところでキャラクターを使い分けている人がいるとどこかの本で読んだことがある。その中で方言も変身する一つの手段なのだろうか。薄化粧したり厚化粧したりして自分を作るのに一役買っているのが方言だ。



      方言から見えてくる現代日本。方言の使い方に注目して日本社会の違った一面が見えてめっちゃ面白ろい。

  • 途中で断念

  • 副題「ヴァーチャル方言を読み解く」風俗研究はこうやるっていう話?~方言がカワイイに至り、価値を見出され、「打ちことば」と相性が良いため、ヴァーチャルな使用例が増え、メタ的な使い方に~スティグマからプレスティージへ。解る? 悪い意味の<烙印>から品質や地位の高い<威信>へ。そう書きゃ良いじゃないか! 1964年生まれ、新聞記者をやめて早稲田で博士号をとり、今は日大文理学部の教授で日本語学を専門とする。新聞記事のアーカイブ検索、ブログ分析

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

日本大学文理学部教授。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(文学)。著書に『「方言コスプレ」の時代―ニセ関西弁から龍馬語まで―』(岩波書店、2011)、『首都圏における言語動態の研究』(笠間書院、2010)、『方言学入門』(共著、三省堂、2013)など。

「2014年 『ドラマと方言の新しい関係』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中ゆかりの作品

方言萌え!?――ヴァーチャル方言を読み解く (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする