読みたい心に火をつけろ!――学校図書館大活用術 (岩波ジュニア新書)

著者 : 木下通子
  • 岩波書店 (2017年6月21日発売)
4.05
  • (9)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :120
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005008551

作品紹介

「何かおもしろい本ない?」「調べ学習の資料が見つからない…」等々、学校図書館には多様な注文をもった生徒たちがやってきます。そんな生徒の「読みたい!」「知りたい!」に応える様子を具体的なエピソードとともに紹介します。同時に、長年学校司書として活躍してきた著者が、本を読む楽しさや意義をビブリオバトル等、豊富な実践をもとに語ります。

読みたい心に火をつけろ!――学校図書館大活用術 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半は司書のあるあるが詰まっている。
    とくに「暇そうでいいな」と言われてカチンとくるとか。
    「暇そうに見えた方が生徒も先生も声をかけやすい」という考え方はいいなと思った。
    「本を読まなくても生きていける。でも、本を読むことであなたの世界は広がるんだよ。」という台詞も素敵。

    後半は実践報告など。
    これだけのことができる司書が、全国にどれほどいるのだろう。
    読めば読むほど憧れがつのるけれど、「うちでやろうとしたら・・・」とマイナス面ばかり考えてしまって、実行に移せない。
    まずは、理解してくれる仲間を見つけなければいけないのだけれど、そこがまた難しい。

    「物語は生きるあなたに寄り添ってくれる存在」
    これを、私も伝えていきたい。

  • 学校図書館に関わる人は読むべし!
    学校司書なら、なおのこと読むべし×読むべし!!
    大人が読んでほしい本と子どもが読みたい本には、当然のことながら大きな差があり、遠い道程です
    この差を埋めることが、埋められる本を用意したり手渡したり、それらの仕掛けを作ることが、学校司書の役割の1つであり、醍醐味かなぁと
    丁度『高校図書館デイズ』を同じタイミングで読みました
    それぞれの学校司書さんの人柄がにじみ出ていて、視点の違いも興味深く読ませていただきました
    この巡り合わせに感謝!
    明日からも頑張れそうです

  • 埼玉県の高校で学校司書をしている著者が、ビブリオバトルやフェスティバル、また書店や出版社、作家さんまで巻き込んで毎年イチオシ本(ランキング)を企画し、中断されていた司書採用試験を再開させてしまうなど、一見地味に思える学校司書の活動を紹介しながら、活発な活動を綴っている。
    ものすごく具体的に書かれているので、こういう企画うちでもやりたいな、とか、司書のネットワークを活用してこういうことしてもいいんだ!と驚くことばかりでした。

    学校図書館の現状や、今なお十分に学校司書が配属されていないことに、やっぱり日本の図書館って世界的に見て遅れてるんだなと納得。まさに現場の声。

    わたしも企画頑張ってみよう!

  • 学校図書館の活用方法、学校司書の紹介などがとても楽しく書かれている。埼玉県での司書採用試験の復活を目指すイベントの数々にはとても驚いた。今、埼玉県の司書採用枠はとても多いので、司書のアピールがいかに大事か実感した。最後の方の章では、なぜ人は読書するのか著者なりの考えが示されていた。常に考えていたいところ。

  • 学校司書ってどんな仕事? って疑問にはこれ一冊でお答えできるんじゃないですか?

  • 2017/9/19

    017||キ (4階総記)

    「何かおもしろい本ない?」「調べ学習の資料が見つからない…」など、学校図書館には多様な注文をもった子ども達がやってきます。
    そんな子どもの「読みたい」「知りたい」に応えるのが学校司書です。
    貴女も本当の学校図書館の役割を知って、学校図書館を活用してください!!

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「何かおもしろい本ない?」「調べ学習の資料が見つからない」等々、学校図書館には多様な注文をもった生徒達がやってきます。そんな生徒の「読みたい」「知りたい」に応える様子を具体的なエピソードとともに紹介します。同時に、長年学校司書として活躍してきた著者が、本を読む楽しさや意義をビブリオバトル等、豊富な実践をもとに語ります。

    【キーワード】
    新書・高校生・学校図書館・司書

  • 何もできてないなと思って死にたくなるのと同時に、私にもできることはないかなと探ってる。
    何かひとつでも、何かひとつでも。

  • 【きょうの一冊】

    『読みたい心に火をつけろ!』
     木下通子/岩波ジュニア新書

    埼玉県立高校の学校司書による学校図書館活用のススメ

    と同時に、学校司書のしごと、埼玉県の高校図書館の歴史と活動、読書のたのしみなど、若い人たちと本をつなぐ豊富な実践を語る

  • 埼玉県の県立高校の図書館に勤務する司書の奮闘記。

    「本」と「人」をつなぐ仕事です。

全15件中 1 - 10件を表示

読みたい心に火をつけろ!――学校図書館大活用術 (岩波ジュニア新書)はこんな本です

読みたい心に火をつけろ!――学校図書館大活用術 (岩波ジュニア新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする