短歌は最強アイテム――高校生活の悩みに効きます (岩波ジュニア新書)

著者 : 千葉聡
  • 岩波書店 (2017年11月22日発売)
4.57
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 29人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005008636

短歌は最強アイテム――高校生活の悩みに効きます (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「国語科のドアに「校内どこかにはいます」と貼って空を見に行く
     千葉 聡

     横浜市立桜丘高校の国語科「熱血」教員「ちばさと先生」は、歌人である。

     6冊目の著書「短歌は最強アイテム」の副題は、「高校生活の悩みに効きます」。生徒の「悩み」に寄り添う短歌エッセーかと読み始めると、意外にも、ちばさと先生自身も悩み、生徒から折々励ましをもらい、ともに一歩階段を上がってゆくような内容であり、心が洗われた。

     授業はじめ、放課後や土日も部活動の顧問にあてる多忙な教員生活が変わったのは、40代半ばのころ。母親の介護のため、退勤時間を早めて帰る生活になったのだ。慣れない事態に、イライラも募ってしまう。

     そんななか、生徒の親子関係の良さを思い起こし、「親子」とは永遠の課題であることを再確認する。そして、自分を「うさぎ」、母を「うさぎちゃんのお母さん」にたとえ、ごっこ遊びのような介護に変化させ、やさしさと笑顔を取り戻すのだった。

     親子の関係を結び直すという発想の転換は、文学作品がヒントを与えていたことも記されている。親も年をとり、自分も年齢を重ねてゆく事実を前向きにとらえるには、掲出歌のように、「空を見に行く」心の余裕が必要なのだろう。

     海賊より空賊がいい 寝転んでこの空を青く青く蹴る男子

     担任教員であっても、クラスという「船」では生徒と同じ「乗組員」。その全員が「旅の途中」にあると定義づけ、青い空をともに見上げる姿も、すがすがしい。
    (2017年12月17日掲載)

  • 横浜市の高校の教員歌人が作者。
    異動した1年目の生徒との関わりの難しさを実直に書いている。教育実習でうまくいかなかったことを思い出しながら読んだ。作者が生徒と正面から向き合っている事を尊敬します。
    日々あった良いことも悪いことも、歌にして残している。その瞬間瞬間がキラキラと輝いて伝わってくる。ちばさと先生の授業が受けたい。

  • 横浜市で高校の国語教師をしているチバサト。学校が代わり、ちょっともがきながらも短歌を通して子どもたちと熱く繋がります。短歌エッセイであると同時に、熱血(?)先生奮闘記みたいな?

  • 学校にある黒板には毎日オススメ短歌が書かれ、そこから教師と生徒の交流が始まる。順風満帆ではない学校生活は壁をどう乗り越えて行けば分からないままではあるが、一つのアイテムとして「短歌」が提示される。生きるための文学とは交流するためのツールなのだろう。愛しい学校の時間にシャッターを切るように短歌を詠む。千葉聡先生の学生向け短歌指南書。もちろん大人にもテキメン効果のある短歌案内でもあります。

全5件中 1 - 5件を表示

千葉聡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アレックス・ジョ...
エラ・フランシス...
トーン テレヘン
ヨシタケ シンス...
宮下 奈都
西 加奈子
江戸川 乱歩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

短歌は最強アイテム――高校生活の悩みに効きます (岩波ジュニア新書)はこんな本です

ツイートする