幾何への誘い (岩波現代文庫―学術)

著者 :
  • 岩波書店
3.63
  • (5)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平面幾何学の醍醐味。決して平坦な道ではないが、公理から定理を導く喜びを味わう。

    第1章(ユークリッド)と第2章(ヒルベルト)は、それらの難易度でなく、厳密性にこだわる点が興味深い。

    第3章の複素数と平面幾何は理解しやすく、幾何学的センスが持つ華麗さはないが、力技のよさを改めて感じた。

  • 大人の人に、お薦めです。

  • 和図書 414.12/Ko17
    資料ID 2011200455

  • 第1章の円論は、もう一度読み返したい部分。
    第2章は、初等幾何学の復活を願った著者の気持ちが伝わる。
    第3章の複素数の平面幾何への応用、幾何入門書には類を見ない。
    全体的に易しくはないので、紙とペンを用意した方が、ストレスなく読み進められます。

  • この本では相似は登場しないので,3章の複素数の応用でも複素数の乗法を用いた話題を出さずに展開.

  • フィールズ賞受賞数学者による市民のための幾何入門。平面幾何の厳密な体系をやさしい定理からわかりやすく展開し、現代数学からの考察、複素数の平面幾何への応用までをたどる。
    ※小平先生の説明はすっとしていて分かりやすいです。幾何の面白さが発見できます。

  • そんなに高度なことはやってないような気がしますが、初等幾何の本があまりなかったので買ってみました。文字が大きい。

全7件中 1 - 7件を表示

幾何への誘い (岩波現代文庫―学術)のその他の作品

幾何への誘い 単行本 幾何への誘い 小平邦彦

小平邦彦の作品

幾何への誘い (岩波現代文庫―学術)を本棚に登録しているひと

ツイートする