「スターリン言語学」精読 (岩波現代文庫―学術)

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (3)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784006000080

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2000年刊。著者は一橋大学名誉教授。


     ロシア人による他地域の植民行動を推奨・遂行し、民族と言語とを混沌の中に陥れたスターリン。ところが、1950年に発表した言語学関連の「スターリン論文」は、先の政治的行動とは真逆の、民族内の言語自決権を強く擁護するものだった。当該論文の意味を記述やスの言動から解読することを企図するのが本書である。

     が、正直、政策抜きでスの発想を須らく解読する方法は誤りだと思う。つまり政治的行動と該論文を照合して矛盾や合致を分析する必要があり、それがないとスの政策論を検討したとは言えないだろう。
     そういう意味で、スターリンがかような論文を書いた政治的意図は何かという点に踏み込まないと、余り面白くはない。

     また、言語の意義・役割、そしてその変遷要因につき単純な関係性を措定しているようで、この点も?だ。
     そもそも言語は交流のある集団間で作用する以上、仮に該集団が階級差等で交流途絶しているならば、言語に違いが生まれ、通有性が減弱するだろう。
     あるいは、新制度ができればそれに即した語彙・単語が生み出され、逆に制度廃止によって、これまでは通用していた言語は消滅する。
     つまり著者の言う「土台」からも、言語は影響があるのだ。

     あるいは交通機関の発達・高速化、通信の質的・量的範囲の拡大が集団間の交流拡大を生み、それは通用言語の統一性を要請する。かようなことでも言語は変わり、また、情報交換・伝達・交流の手段(テレビ・ラジオ・ネット)の変化によっても変わるだろう。
     さらにいえば、国語教育や出版物での言語の使い方の変化でも変わるはず。

     等々、そもそも一元的要因を措定するのが不自然なのだ。つまり多様な要因で言語は変わり、その要因の特定は容易でない、としか言えないのではなかろうか。
     これに非整合的なの著者の叙述がどうも腑に落ちぬ。そんな読後感である。

  • スターリンの論文を説明している本ですが、その説明の文章が分かりにくかった卍

  • 「言語は上部構造ではない」このスターリンによる発言により、それまで公認とされてきたマルを代表とするソビエト言語学は崩壊する。学問と政治体制の癒着、崩壊をめぐるドラマは劇的で、20世紀という時代の一側面を見せてくれる。スターリンによる「マルクス主義と言語学の諸問題」も収録されている!!
    難い詰まらない本のように見受けられるでしょうが、こんなドラマチックな面白い本はありません!!荒削りながら、隠れ名著ですよ!!嘘じゃないから!!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1934年兵庫県生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科、一橋大学大学院社会学研究科、ボン大学哲学部・中央アジア言語文化研究所(フンボルト財団給費)でモンゴル学・言語学・民族学を学ぶ。一橋大学名誉教授。社会学博士。モンゴル国立大学名誉博士。2009年モンゴル国北極星勲章受賞。著書に『ことばと国家』『ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国』『「シベリアに独立を!」諸民族の祖国(パトリ)をとりもどす』(すべて岩波書店)、『差別語からはいる言語学入門』(ちくま学芸文庫)、『従軍慰安婦と靖国神社 一言語学者の随想』(KADOKAWA)、『田中克彦 自伝 あの時代、あの人びと』(平凡社)、『言語学者が語る漢字文明論』(講談社学術文庫)、『田中克彦セレクシヨンⅠカルメンの穴あきくつした』(新泉社)など多数。

「2018年 『カナリヤは歌をわすれない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中克彦の作品

「スターリン言語学」精読 (岩波現代文庫―学術)に関連するまとめ

ツイートする